フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

携帯・デジカメ

SoftBank 932SH 本日発売

というわけで、家電量販店に出向いて実機をいじり倒して923SHと比較しまくってきた。

まず目立つのはサイクロイド部分の厚み。段差が無くなった事は素晴らしいのだが、全体的に厚みが増す分だけ、頭でっかちになった。長さが923SHより4mmほど短くなっているとの事であったが、体感的には感じられず。

923SHは簡単にサイクロイド部分の向きが変えられる、もう少し硬くても良いのではないかと思うくらいである。932SHはやや硬い。両機種とも中途半端な印象でこの間くらいがちょうど良いのだが。

932SHはサイクロイド稼働部分にゴミが入らないようにシャッターが自動で降りるようになっているのは好印象。これ考えた人、すげーよ。

サブディスプレイは発表時は923SHより大型化したように見受けられたが、実機を見てみると表示面積に大差がなく、1段表示が2段表示になったのと引き替えに横方向の表示数が約半分になってしまった。920SH以前の機種で可能だった電界表示、年月日の同時表示は不可能のままである。下位機種の830SHや831SHの方がサブディスプレイが大型なのは解せない。根本的な問題として、常時表示ができない有機ELは何とかならないのかね。メール着信時のランプはサブディスプレイの上部にあるのだが、923SHより暗くやや分かりにくかった。この点は923SHが勝ると思う。銀縁の一部がハーフミラーになっていて、そこに着信時のランプがあるのだが、光らない限り存在に気づかないデザインだったからね。

次にメインディスプレイを見てみる。初期設定はきせかえアレンジONとなっていたのでOFFにして全体的なレスポンスをチェック。ネット上に早くも寄せられている書き込みを見ると、923SHより改善されていたとの声があったが、何となく早くなったと思った程度。もっとも、923SHでもっさりが顕著になる長文メール作成時のテストが出来なかった為、断言は避けておく。絵文字が923SHのQVGA拡大表示からVGA表示で綺麗になっていた。923SHはきせかえアレンジをOFFにすると、メインメニューが縦3列横4列とはならず、縦12列となっていたが、932SHは縦3列横4列のままであった。SoftBank 3G におけるシャープのVGA液晶以上搭載機は電卓がQVGA表示時代のまま全画面表示ができないのが難点であったが、932SHはようやくWVGA+に合わせて全画面表示になった。しかし2G時代の電卓に標準装備だったTAXボタンは今回も搭載されなかったのは残念。

ワンセグ2画面表示については無理矢理付けたような気がしないでもないが、923SHであまりワンセグを見ていない現況を考えると、微妙な進化ではある。

CCD800万画素カメラも試し撮りを行ったが、CMOS520万画素の923SHとは明らかに違う。カメラの性能差に関しては悔しい。メモリカードはもちろん装着されていないので本体メモリの画像フォルダを開いてみたが、レスポンスは923SHより明らかに優れている。サブカメラが復活している点も使用頻度の問題は別にして○。自分撮りと顔認証も復活である。ブログアップツールも便利そうだ。

923SHにあった地図キーはカメラキーになり、地図の呼び出しが若干面倒になったがキーカスタマイズで何とかなるだろう。辞書キーは923SHより進化し、複数辞書同時検索に対応。この際、どの辞書を使用するのか指定もできる。

ウィジェットは少し触っただけだが、カスタマイズは面白そうだ。

ソフトバンクオンラインショップによると、スパボ非加入における現在の使用機種3ヶ月以上1年未満の機種変更価格は90,300円、2年以上でも66,150円もする。923SHの発売当時の価格が2年以上で60,900円だったので、923SH以上に高いが機能差を考えると妥当なところか。

とはいえ、そんな大金を簡単に出せるわけがないので、仮に機種変更するにしても1年経つ7月以降か、価格改定が入ってからになるのは確定。

あ、3D対応S!アプリ内蔵ゲーム確認するの忘れたorz

SoftBank2009年春モデル発表

本日、ソフトバンクモバイルは2009年春モデルを発表した。(プレスリリース

吉本芸人付き発表会が想像以上に寒かったので本題に入る。

AQUOSケータイ SoftBank 932SHは923SHで妥協あるいは手を抜いた点がほぼ改善されている。(プレスリリース

923SHはほとんど全部入り端末だったが、全部入り端末ではなかった。その点、932SHはより全部入り端末に近くなったといえる。

以下は923SHから進化した点。
・カメラがCMOS520万画素からCCD800万画素に
・サブカメラ復活
・モノラルスピーカからバーチャル5.1ch対応3スピーカーに
・段差のないNewサイクロイドスタイル
・サブディスプレイが86*16ドット(1行表示)から48*32ドット(2行表示)に
・モバイルウィジェット搭載
・Wワンセグチューナー
・アークリッジスリムキー
・3D対応ゲーム
・microSDHC 16GB対応
・大容量ファイル添付機能(300KB→1MB)
・複数辞書一括検索
・見せかけコール
・電池残量のパーセント表示が可能に
・高さが113mmから109mmに

ここまで機能が追加されると削られる機能がないか不安になるものだが、GPS、光TOUCH CRUISER、モーションセンサーは継続搭載のようだ。ただ、音源チップが128音のMA-7のままなのかは未確認。秋冬モデル930SHと931SHは何故か64音のMA-5に格下げされていたので。あと、923SHではメール入力画面で長文になるともっさり気味になっていた点は改善されているのか、ケータイShoinの漢字変換は改善されたのかは気になるところ。

本日発表された一部機種は7.2Mbps対応となっているが、932SHは3.6Mbpsを踏襲。だが、現在のインフラ状況を考えればカタログスペック上のみの改善にとどまりそうであるし、そもそも3.6Mbpsで不満は感じていないので、個人的には大した問題とは思っていない。そもそも、今までPDCを使い続けてきた身にとっては、3.6Mbpsは別次元の世界だったから。例えるならダイヤルアップからADSLに乗り換える場合とADSLから光へ乗り換える場合の感動の差といった所だろうか。

932SHの完成度が高いとV601SHを4年半使い続けてから昨年923SHに機種変した事を悔しいと思うのだが、確かに悔しい。とはいえ、保有ポイントの中に昨年9月で失効するポイントが相当あった状況で、あの時点での機種変は避けされない状況だったし、923SHも購入後半年を経過し、クセのあるカメラも使いこなしつつある状況を考えれば、あと半年くらいは使い続けられそうである。つまり、購入後1年が経過する今年の7月以降に932SHに機種変する可能性はあるという事だ。もちろん、非スパボ一括でね。相当の出費になるだろうけど・・・。


関連記事
“全部入り”がさらに進化――8M CCDカメラ+NEWサイクロイドスタイルの「AQUOSケータイ 932SH」(ITmedia)
ダブルチューナー搭載の新型サイクロイド「932SH」 (ケータイWatch)

カスタモがようやく923SHに対応

いつの間にかオープンしてた。

まだ数は少ない。残念ながら、公開されたデザインに興味を引かれる物はなかった。今のところ、カスタモ公開分は全て有料版のようだが、いずれは他機種のようにコンセプトデザインが無料で公開されるのであろうか。コンセプトデザインとして、メインメニューが固定データパターン1のように4*3の12分割で軽く表示される物を希望したい。

とりあえず、きせかえアレンジの「カスタモバンク」にてSQUAREというデザインが期間限定無料公開されているので、こちらを落としてみた。こちらもメインメニューは縦1列なので残念。

S!アプリの対応も着実に進んでいるようであるが、相変わらず922SHまでしか対応しないサイトは多い。モーションコントロール対応ゲームが今のところ軒並み非対応なのも残念。仕様なのか検証に時間がかかっているのか、告知してくれるとありがたいのだが。

923SH使用感(2)

カスタモマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
もうすぐ7月下旬になるのに。

ネット辞書を更新すると、「イミダス百科[\]」と「Hot Pepper Pockets」が追加されていた。「イミダス百科」の[\]ってなんだ。有料なのか。今のところ普通に検索できるけど。

引き続き良いところ、悪いor気になったところを挙げていく。

・良いところ
SoftBankのシャープ製携帯電話は変換時に「Y!ボタン」を押すと、片仮名やアルファベット、数字を呼び出せるため、わざわざ入力モードを切り替える必要がない。しかし、V601SHだと、アルファベット変換時は全て大文字、全て小文字しか選べず、先頭のみ大文字はできなかった。923SHではできるようになっている為、便利。
メール保存件数が大幅アップ。V601SHで下書きメールが「サイズオーバーのため保存できません」と出ていた呪縛から逃れられる。
 受信 1.4MB→10MB
 送信 512KB→5MB
迷惑メールフォルダ機能により、アドレス帳に登録されていないアドレスからメールが届いた場合、着信音やランプを鳴らさない事が可能。夜中に迷惑メールで起こされる心配もなくなった。
歩数計が意外と便利。
通話品質が格段に良くなった。PDCとは雲泥の差である。

・悪いところ
V601SHにあった、一定時間経過毎に壁紙を変更する機能がない。代わりにスライド壁紙なんて機能があるが、数秒ごとにスライドする機能であり、1時間単位で変更できたV601SHの方が良かった。
キーバックライトのON/OFFは可能であるが、点灯時間を秒単位で指定できない。
きせかえアレンジパターン1はアニメーションが激しいので電池消費が激しそうだった。画面エフェクトも同じ理由でOFFにした。すると縦4横3メニューから縦一列メニュー(サイクロイド時横一列)になってしまう。
S!速報ニュース、S!情報チャンネルとお天気アイコンはステーションの代わりにはならない。位置情報に連動して自動更新されるわけではないからね。DoCoMoは907iでステーションがそのまま進化したようなサービスを始めるようであるが。

あと、発売されたばかりの為か、Yahoo!ケータイ公式コンテンツに非対応が多いのには参った。発売後1週間経過した辺りから徐々に対応サイトが増えているとはいえ、検証に時間を要するS!アプリはともかく、着メロ・着うたサイトや壁紙サイトまで非対応なのには少々閉口した。

923SHで iPhone 3G カウントダウンセレモニーを撮ってみた

孫正義を生で見られる機会というわけで、iPhone購入予定0なのにわざわざ行ってきた。

初日販売分の整理券は配布終了ということで、12時の発売開始を前に事実上売り切れ。

カウントダウンセレモニー開始前にさっそく923SHのワンセグチューナーで11時半からの民放のニュースをチェックすると、7時販売開始の表参道の様子が流れていた。

やがて、11時45分にヨドバシの取締役社長とヨドバシAkibaの店長、そして孫正義が登場した。この他、ホワイト学割のCMでテニス部コーチ役を演じている谷原章介氏も登場。この人、相当なマカーらしく、App Storeについて力説を始めたりとMCのお姉さんが少々引いていたように見えた。

肝心の孫正義のコメントは平凡すぎて印象に残らず。「携帯がインターネットマシンになる」って言ってたけど、922SHの存在は何だったんだ?

イベント自体は残念ながらマスコミ以外撮影禁止という事で、孫正義の写真はないが、開始前と開始後の写真を1枚ずつ載せておく。


エントランス上のオーロラビジョンもiPhone3G
3Mで撮影(画像は縮小してあります)


5Mで撮影(画像は縮小してあります)

923SH使用感(1)

2Gと3Gのサービスの違いは別の機会に譲る、とりあえず本体の使用感を中心に書いてみる。

・良いところ
画面がとにかく大きく解像度も高いため、見やすい。
液晶の視野角も良い。
光TOUCH CRUISERが快適。
PCサイトブラウザは1ファイル1MBまで読み込みOK。
YouTubeも短めの動画であれば再生可能。
地図キーより、内蔵GPSを用いて現在位置の表示が可能。
辞書キーより国語英和和英辞書に加え、Wikipediaからも検索可能。
microSDHC対応。シャープは4GBまでしか動作確認していないが、8GBも認識するとの報告もある。

・悪いところ
メニュー画面の配置。テンキーでショートカットはできるのだが、V601SHと異なり数字が画面に表示されないのは不親切。これ、かなり前からネットでシャープの3Gケータイの欠点として挙げられていたような気がする。
文字入力画面はもっさり気味だったV601SHよりサクサクに入力できるのだが、記号を呼び出す画面でテンキーを使ったショートカットができない。光TOUCH CRUISERでカーソル移動できるので、ある程度は補完可能ではあるけど。
V601SHの電子ブックに相当するS!アプリ「ケータイ書籍」はテキストファイルを認識せず、拡張子を".txt"から".zbk"に変換しなければならない。
Y!ボタンの長押しがファミリンクリモコンforAQUOSの起動に固定化され、カスタマイズできない。V601SHでもテンキーの「0」長押しがバウリンガルコネクトに割り当てられ、カスタマイズできないという事があった。シャープには学習能力がないのであろうか。せめて他社のテレビも操作できれば良かったのだが。ちなみに我が家にAQUOSはないし購入予定もありません。
インカメラがない為、自分撮りができない。とはいえ、V601SHで自分撮りした事は数えるほどしかないからたいした問題ではないのかも。

キー配置の変化に関しては慣れるしかない。辞書キーと地図キーはもう少し下でも良かったと思う。記号や句読点を入力するときに押し間違えてしまう事が多い。
カメラ位置に関しても上ヒンジにあったV601SHと比較すると、下ヒンジでは使いにくい。
なお、モーションコントロールセンサも試してるのだが、往復動作が上手くいかない。コツがいるようである。


サブディスプレイが小さめな点は気になっていたが、着信時には名前が表示され、メール受信時には本文の先頭がスクロールで表示された為、実用上はそんなに問題なくなった。ただ、直射日光下では有機ELは見にくい。

カメラ性能に関してであるが、ざっと使ってみた感じでは、顔認識が便利であるものの、CMOSの為、ノイズが乗りやすいように感じた。
それぞれ一長一短がある為、完全に上回るという結論は下せず、4年以上前に発売されたV601SHの性能の高さを改めて証明するという事にもなった。
いずれは実際に写した画像を用意してみようかな。


関連エントリ
写真で見るV601SHと923SH
V601SH→923SHデータ移行メモ
さようならV601SH、こんにちは923SH。
ついに機種変の時きたる

写真で見るV601SHと923SH

近所のソフトバンクショップに寄ってみたら、923SHはブラック、ネイビー、クリアホワイトが売り切れとなっていた。iPhoneと発売が近いこともあって、影響が懸念されたけど、それほどでもないのだろうか。

ところで、923SHはV601SHより重い。しかし薄くなっているため、体感的にはあまり変わらない。


ワイド液晶の為、長さは923SHの方が長い。


923SHに4GBのmicroSDHCカードを差してみた。管理領域が意外と大きいため、実質3.7GBくらい。


V601SHのキーライト。文字だけ黄緑に光る。


923SHのキーライト。ボタン全体が白に光る。これはクリアホワイトの場合だが、文字だけが光る色もあるようだ。

参考
ttp://www.mobiledatabank.net/l/src/MDBL2075.jpg

関連エントリ
V601SH→923SHデータ移行メモ
さようならV601SH、こんにちは923SH。
ついに機種変の時きたる

V601SH→923SHデータ移行メモ

今回の機種変に関しては、過去の2G同士の機種変更と事なり、2Gから3Gへの変更となる為、端末の購入方法、料金体系、契約について事前に入念に下調べを行った。

その結果、2Gから3Gへは契約変更扱いとなる為、通話料込みプランで繰り越しが残っていたとしても引き継げない事が分かった。(SoftBank公式よくあるご質問より)

アドレス帳やメールデータ他に関しては、SDメモリカードスロットのある端末だった為、ほぼ完全に移行できる事が分かった。ただし、2Gで購入したS!アプリや着メロ等の有料コンテンツが引き継げるかどうかは、S!アプリは完全に無理、着メロ、待ち受け画像等は不明であった。

たいていの場合、機種変更を行うと、お店に設置してある機械を用いて店員が移行を行ってくれる。ただし、この場合、アドレス帳はともかく、メールデータに関しては行っていないところが多い。

そのため、どうせなら全て自分で移行作業をやってしまおうと考えた。注意しなければならないのは、移行する際にはデータの追記ができず、既存のデータが上書きされてしまう為、特にメールデータに関しては、新機種に移行してからすぐに行わないと、行う前にメールを受信あるいは送信した場合は、そのメールは見られなくなってしまうという事である。さらに、2Gと3Gとではメモリカードのフォルダ構成が全く異なる。

機種変更直前にV601SHに差したSDメモリカードへデータをバックアップし、変更直後に923SHへmicroSDHCカードを挿してフォーマット。フォルダが自動的に作られる為、手動でコピーしていった。


受信メール
旧 \PRIVATE\SDJPHONE\メール\受信メール\RCV.BCK
新 \PRIVATE\MYFOLDER\Mail\Inbox\InBox.BCK

送信メール
旧 \PRIVATE\SDJPHONE\メール\送信メール\SNT.BCK
新 \PRIVATE\MYFOLDER\Mail\Sent Messages\Sent Messages.BCK

下書き(送信トレイ)
旧 \PRIVATE\SDJPHONE\メール\送信トレイ\SND.BCK
新 \PRIVATE\MYFOLDER\Mail\Drafts\Drafts.BCK

アドレス帳
旧 \PRIVATE\SDJPHONE\ユーティリティ\メモリダイヤル\DIAL.BCK
新 \PRIVATE\MYFOLDER\Utility\Contacts\Contacts.BCK

カレンダー
旧 \PRIVATE\SDJPHONE\ユーティリティ\スケジュール\SCDL.BCK
新 \PRIVATE\MYFOLDER\Utility\Calendar\Calendar.BCK


こうして、容易に移行作業は完了した。SoftBank 3G同士であればフォルダ構成は同じとなる為、移行はもっとスムーズにできるだろう。Vodafone 3G時代の端末は若干フォルダ名が異なるようだが。

ところで、923SHのアドレス帳は名前が姓と名に別れている為、そっくりそのまま移行という訳にはいかなかったが、こればかりは少しずつ直していくしかない。

着メロや画像の有料コンテンツデータ(拡張子に.HUFが追加されている)に関してだが、電話番号を元に暗号がかかっていた為か、PCを介したSDからmicroSDHCへの移動でも、923SHに無事移行できた。ただし、外部メモリカードへの移動フラグも不可となっていたいくつかのデータは移行できず、それは仕方がない。


関連エントリ
写真で見るV601SHと923SH
さようならV601SH、こんにちは923SH。
ついに機種変の時きたる

さようならV601SH、こんにちは923SH。

今日は SoftBank 923SH の発売日。
待ちに待った機種変の日。開店直後の某店へ出向いた。発売日に朝から突撃するとは、我ながらやる気満々である。

現在主流となっているスーパーボーナスは使わず、ソフトバンクアフターサービス加入者特典の機種変更特割に加え、貯まりに貯まったマイレージポイントを組み合わせて、現金一括にて購入することにした。早い話が、スパボ導入以前に一般的だった買い方である。この方法だと、アフターサービスを継続させる事が可能となる上に、自分の場合はスーパーボーナスを利用した場合より、安く購入できるのだ。裏を返せば、それほど長期間V601SHを使い続けた事になる訳だけど。

そしてお店に到着。時刻はまだ10時前。それでも多少は並ぶことを覚悟していたが、開店直後ということもあって、意外とすんなり入れた。

店員のいいなりになっているとスーパーボーナスに加えてWホワイトを薦めてくる事は明白だった為、最初から非スパボでの購入である事、そしてあんしん保証パックには入らず、アフターサービスを継続させる事を強調させて、店員に告げた。すると、対応してくれた店員は「3G同士の機種変ならアフター継続可能であるが、2Gから3Gへの機種変だとできない」と答えた。そんな馬鹿な。家電量販店によっては強制させられているお店もあるらしいが、自分が今日立ち寄ったお店は、そんな縛りはない事は事前に確認済みである。何しろ、非スパボ機種変時にアフター継続が可能であることを知ったのは、このお店の物知りな店員からなのだ。実際、他の家族は既にそのやり方でアフターサービスを継続させたまま、2Gから3Gへの移行ができている。

その事も告げると、店員はどこかへ確認の電話を入れた。電話を切った後、店員は自分の非を認め、無事、予定通りの機種変更が可能となったのである。話を聞くと、その店員は今回の自分のようなケースは初めてだったらしい。もしかすると、このような不慣れな店員を信じて、泣く泣くあんしん保証パックに入った人もいるかもしれない。

そういう訳で、無事に機種変更ができた訳であるが、価格は割引後でも約45,000円也。V601SHは前機種使用期間1年以上2年未満で約26,000円で購入できていたが、今回は使用期間2年超であるにも関わらず、これだけの金額がかかった。しかし、端末代金は払いきっており、縛りを考える必要は基本的にはない。

4年以上使用したV601SHは一度外装交換でリフレッシュしたものの、最近はSDメモリカードを認識しなくなる事が起こるようになり、限界が見え始めていた。

923SHはJ-PHONE~Vodafoneの頃のシャープ端末ように、発売時点でのあらゆる機能を詰め込んだ全部入りではないものの、自分が欲しかった機能は何とか満たしたと判断した。

4年もの間に携帯電話を取り巻く情勢は劇的に変わっており、また、自分にとって初の3G端末である為、923SHを使いこなせるまである程度の時間が必要なようだ。これから何年、何ヶ月使う事になるのか分からないが、大切に使っていきたいと思う。

ついに機種変の時きたる

6月3日、SoftBankは夏モデルを発表した。

孫正義の言うとおり、発表された機種のほとんどは女性向け、所謂スイーツ(笑)な端末であったが、発表された機種の残りには、ついに全部入りのサイクロイドケータイが含まれていた。

SoftBank 923SH。(プレスリリース

発表会でも全部入りと表現されていたように、これまでサイクロイドケータイでは頑なに搭載されてこなかったGPSとモーションコントロールセンサーが搭載されたのだ。

他にも、プレスリリースを引用すると、

・自然で美しい肌色画質 大画面3.3インチフルワイドVGA液晶を搭載、「追っかけ再生」など充実のワンセグ機能
・29mmの広角レンズを採用した5.2メガピクセルオートフォーカス対応カメラ搭載
・「スマートリンク辞書」、「地図」の専用キーや、「光TOUCH CRUISER」を搭載し多彩な機能を使いやすく
・S! GPSナビ
・PCメール

等、十分にフラグシップと名乗る事ができるレベルに仕上がった。他にも、FeliCaチップは大容量メモリー、ICデータ通信対応となっている事やmicroSDHCメモリカードに対応している事も挙げられよう。特に、孫正義自ら発案したという、Wikipediaを参照できる機能は面白そうだ。

まあ、全部入りを謳っているとはいえ、メインカメラがCCDではなくCMOSだったり、スピーカーがモノラルだったり、インカメラが非搭載だったり、サブディスプレイが小さめだったり、過去に発売された端末と比較すれば、最強端末とは呼べないのかもしれない。しかしながら、今回搭載されなかった機能は個人的には妥協できるレベルである。1年前、912SHが発表されたときに購入を見送った理由となる3つの機能がついに全て搭載されたのだ。

4年半付き合ってきたV601SHからとうとう機種変更する日が来たようである。iPhoneは眼中にない。発売日に特攻する決心もついた。

7月上旬の発売が待ちきれず、さっそくmicroSDHCメモリカードを買ってしまった。


関連エントリ
SoftBank 3G 夏モデル発表

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter