フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 関東鉄道 鉄道の日記念イベント | トップページ | けいおん!聖地・豊郷巡礼(2) »

けいおん!聖地・豊郷巡礼(1)

去る11月6日、滋賀県の豊郷小学校旧校舎を訪問してきた。けいおん!ファンとして前々から一度は行きたかった場所だったが、なかなか行ける機会に恵まれず。首都圏からは遠く離れていることと、スケジュール的に厳しかったが、日頃のストレス晴らしも兼ねて、思い切って行くことにした。事前にアベトンボへこの話を持って行ったところ、「おいらも行きてぇ」と言うことになり、二人で聖地・豊郷へ向かった。

さて、当日の朝、一眼レフカメラを持参し気合いの入ったアベトンボと合流し、一路、米原へ向かう。東京から東海道新幹線利用の場合、米原にはのぞみが止まらない為、乗り換えなしでひかりで行くか、のぞみで名古屋まで行きこだまに乗り換えるかの2通りが考えられるのだが、今回は後者の名古屋乗換を使った。土曜日午前中の東海道新幹線は空いていると予想していたのだが、全然そんな事はなく、指定席を取ろうにも窓際は全て埋まっており、3人掛けの中央と通路側で行くことになった。

Sbsh0919_svga_2

東京を発つこと約2時間。途中名古屋で乗り換えたこだまは700系。N700系の勢いは凄まじく、こだまも700系であった。米原駅着いた我々を出迎えた?のは、最近は滅多に見かけなくなった反転フラップ式発車時刻案内。懐かしい。

Rimg0772_svga

米原駅ではプチ事件が発生。なんと、アベトンボが諸事情によりあまり現金を持ち合わせていなかった事が発覚したのだ。どうしようか考え込んでいるうちにおおはたさんと合流。実は、豊郷訪問に際して、おおはたさんにご相談メールを送った所、我々に同行してくださる事になったのだ。訪問済の方に同行していただけるのは非常に心強かった。さらに、後述するが、この日は豊郷訪問以外にもう一つ計画しており、そちらにもご同行していただける事になった。改めて、米原駅の周りにATMを探すが、コンビニも銀行も見当たらなかった。ちなみに、旅を終え調べてみたところ、滋賀銀行が駅からそれほど遠くない場所にあった事を知るのはまた別のお話である。

閑話休題、米原から豊郷までは近江鉄道に乗り換えて行く事になるのだが、近江鉄道の米原駅は非常に簡素な駅舎だった。JR駅舎の高架化が完了するまでの仮の駅舎との事だったが、それにしても・・・。

Rimg0795_svga

近江鉄道は自転車持ち込みも可能のようで、駅には自転車用のスロープが用意されていた。なお、近江鉄道の電車は西武の中古車両である。2両編成のワンマンではあったが、時間帯を考えるとそこそこの乗車率はあった。

Rimg0801_svga

我々の乗った電車は豊郷駅方面へは行かず、途中の高宮駅にて乗り換えが必要となるのだが、高宮発音が「た」にアクセントを置いていて余所者には妙な感じだ。高宮から別の電車に乗り換え2駅目が豊郷駅である。豊郷駅で電車から降りようとすると、あずにゃん柄のバッグを提げた同業者も見かけた。駅舎から出て、いきなり我々の目の前に見えてきたのは、「飛び出し注意」の看板。聖地に来たことをいきなり実感する。

Rimg0809_svga

なお、豊郷駅前には滋賀銀行があり、アベトンボは無事お金を降ろすことができた。めでたしめでたし。

あまりにも前振りが長くなったので次回に続く。

« 関東鉄道 鉄道の日記念イベント | トップページ | けいおん!聖地・豊郷巡礼(2) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/50077658

この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!聖地・豊郷巡礼(1):

» 再び豊郷小学校へ [はなバルーンblog]
 先週の土曜日に、今年の4月以来、約半年ぶりに滋賀県の豊郷小学校へ日帰りで行って来た。  前回は一人での訪問だったが、今回は [続きを読む]

« 関東鉄道 鉄道の日記念イベント | トップページ | けいおん!聖地・豊郷巡礼(2) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter