フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 超DVDが届いた | トップページ | 千鳥ヶ淵ピンクに染まる »

時代の流れで片付けられる事なのか

なんとなくアバウトミーでドラえもんに関する質問を見ていたら、ある質問でショッキングなものがあった。

中にはまじめに答えていない人もいるかもしれないし、そもそも質問自体『アニメ「ドラえもん」』としているのもどう受け取ればよいのやら。とはいえ、サンプル数が少なすぎるとはいえ、一人でもいることは本当に残念でならない。

キャラクターの一人歩きについて生前語ったこともある藤子・F・不二雄氏だが、作者が忘れ去られていく一人歩きはあまりにも寂しすぎる。

声に関する質問において日テレ版がスルーされるのは仕方ないとは思うが、今でもドラえもんといったら挙がるのは作者でも現在の声の主でもなく、先代の声になってしまうところに、何とも言いようのない気分になってしまうのであった。

« 超DVDが届いた | トップページ | 千鳥ヶ淵ピンクに染まる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

 ご無沙汰しております。このアンケート結果、本当に寂
しい話ですね。実は似たようなことが自分とこの職場でも
ありまして、仕事柄上安全メガネを着用せねばならない
んですが、その形がアラレちゃんメガネに似てるんで、その
ことを言ったら、ピンと来ない人(’80年生まれ)がいて、
だいぶ後になってわかったようなんですが、時の流れの残
酷さを感じさせられました。
 確かに、「ドラゴンボール」は素晴らしい作品ですが、そ
ちらばかり露出度が高いがために、鳥山先生の出世作
であり、当時ものすごいブームを巻き起こした「Dr.スラン
プ」がないがしろ気味にされているってのはある意味寂し
い気がしましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/40294137

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れで片付けられる事なのか:

« 超DVDが届いた | トップページ | 千鳥ヶ淵ピンクに染まる »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter