フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

時代の流れで片付けられる事なのか

なんとなくアバウトミーでドラえもんに関する質問を見ていたら、ある質問でショッキングなものがあった。

中にはまじめに答えていない人もいるかもしれないし、そもそも質問自体『アニメ「ドラえもん」』としているのもどう受け取ればよいのやら。とはいえ、サンプル数が少なすぎるとはいえ、一人でもいることは本当に残念でならない。

キャラクターの一人歩きについて生前語ったこともある藤子・F・不二雄氏だが、作者が忘れ去られていく一人歩きはあまりにも寂しすぎる。

声に関する質問において日テレ版がスルーされるのは仕方ないとは思うが、今でもドラえもんといったら挙がるのは作者でも現在の声の主でもなく、先代の声になってしまうところに、何とも言いようのない気分になってしまうのであった。

超DVDが届いた

最初の発送予定では12月となっていたのが1月31日に延期となり、そして再度2月中旬に延期となった超DVD。散々待たされたというより、応募したこと自体、PS2ゲーム購入をネタに書くまで忘れかけていた。

先週土曜頃からようやく届いたという声を目にするようになったが、なかなか届かず、もしかしたら応募する際に記入ミスをしたかもしれないと思いかけたこともあった。

そして、昨日、ようやく届いた。

さて、気になるDVDの収録映像だが、既にネットで挙がっている声のとおり、2ヶ月も発送延期したあげく、これだけ?という程度の内容。ハルヒのアニメDVDの特典映像に収録されていた平野綾のメイキングっぽい映像が20分。場面毎に区切れそうなチャプターはたったの2つ。

しかも、メニューなし!である。

まともに見る気も失せてきて、早送りで確認するだけでお腹いっぱいになった。イメチェン前の平野綾の映像に少し懐かしさを感じたぐらい。

申し込むために平野綾の写真集を買った時から、もしかしたら地雷を踏むことになるかもと危惧はしていたが、見事にその通りになった。ハルヒ2期の情報がわずかでも収録されていればとちょっとでも期待したのが馬鹿だった。昨年の7月7日に公式サイトで公開された映像が収録されていればと思ったのも馬鹿だった。

とはいえ愛想が尽きたとはこれっぽっちも思わないのが悲しいサガで、先月もPS2ソフト「涼宮ハルヒの戸惑」を購入してしまい、角川の餌食にされる日はまだまだ続きそうである。はぁ。

BITTER SWEET FRIDAY に元Aice5のあの人が登場

元Aice5のレッドこと神田朱未もといカンチがパーソナリティを務める「神田朱未のBITTER SWEET FRIDAY」という番組がある。この番組の2月放送分に初めてゲストが来ることがご本人のブログでほのめかされた。Aice5ラストライブDVDが発売された直後だけに、元Aice5の誰かが来る予感がしたので、思い切って初めてお台場のスタジオまで直接足を運んだ。

現地へ向かう途中、ゲストに来る可能性順に、個人的に、順位を付けていた。

木村まどか>たかはし智秋>浅野真澄>堀江由衣

暇そうな(ノ∀`)順ということで。まあAice5のメンバーなら誰が来ても良かったんだけどね。

さて、スタジオはレインボーブリッジが見渡せる場所にあるのだが、20時前に現地へ着くと既に数十人の人が集まっていた。普段の一人の放送の時にどのくらいの人が集まるのか知らなかったが、何となくいつもよりは多そうな感じがすると同時に、異様な雰囲気を感じた。スタジオそのものはガラス張りでよく見合わせる感じであった。

そして20時20分過ぎ。前番組が終了し、パーソナリティとゲストが引っ込んで、入れ替わりにカンチとゲストがスタジオに入ってきたのだが、そのゲストを目にした瞬間、観客一同「うおっ!」とどよめきを挙げた。

目の前に現れたのはAice5のリーダーこと堀江由衣。

まさかリーダーがゲストだったとは・・・。すんません。上でゲストの可能性の順位付けてますが、あなたが来るとは思って全く思っていませんでした。

後から知ったのだが、放送直前に堀江由衣は自分の日記で出演告知をしていた。しかし、告知とは言っても、放送直前にケータイから日記に投稿しただけであって、事実上の告知は無しに等しい。この場にいた数十名程度の観客は間違いなく幸運である。

神田さんもその辺の事をよく分かっているようで、客に向かって「良かったね~」と呼びかけてくる。今までというか去年だけで5回ほど本人を見ているが、今日ほど間近で見たことはなかった。こうして見ると思ったより背は低く、ライブDVDを見終えた直後だけに、この小さい体があそこまで動き回っていたことを思うと、率直に感動してしまった。カンチもライブの時よりえさ袋が明らかに膨れておりました。また、本人曰く久しぶりに茶髪にしたそうな。

ラジオ本編は1ヶ月後にPodcastで配信されるので、概要だけ簡単に書いておく。

・受験に受かった学生の話。
神田さんは受験はしていないとのことだが17歳のリーダーが2回受験をしているらしい。

・Aice5 Final Partyの話
二人がお薦めシーンを語ったのだが、2曲目のStardustの曲名が出てこないカンチ萎え。

・堀江由衣新アルバムDarlingの話
アルバムに関連してグアムに行った話が出たが、ラストライブが終わったらAice5でグアムに行くつもりだったのに、正月にAice4で人生ゲーム・・・。

・堀江由衣クリスマス国技館ライブの話
ソロで歌った「Lady Go!」の腕の回転が逆だったことに気づいたのは、一緒に見に来ていたカンチとmdkだけだったらしい。

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎていったのであった。

最後は観客をバックに二人で記念撮影。すぐにアップされていたが、まあ自分は晒されずに済む位置にはいた。

Aice5 Final Party DVD購入

ついにこの日が来た。

最近はDVDを購入するときは26%引きのamazonでする事が多いのだが、今回は購入特典のヨダ絵ポストカードが決め手となり、ゲーマーズで購入。割引の有無はもはや関係ない。

そして3時間を一気に見た。1曲目の「Get Back」を目にした瞬間から身震いが止まらなかった。リーダー誕生日サプライズの青リウムの統率度に改めて驚愕。その後の当日よく確認できなかったヘソ出し衣装をはっきりと確認できた。パラパラから「友情物語」にかけて見終えて、アリーナ席後方の晒されない位置で本当に良かったとつくづく思った。白リウムで埋め尽くされた「letter」は本当に綺麗だった。「Re:MEMBER」で再び身振りしながら見た。アンコールの「Get Back」を歌い終えた後、場内を回るシーンで、あの日と同じく目が潤んだ。

ありがとう、Aice5。本当に、ありがとう。

ゲーマーズ本店→アニブロゲーマーズ

アニメイトとゲーマーズが資本・業務提携すると発表されたのは1月23日。この時には、リンク先の記事にもあるように、「アニブロ」というお店は新規出店するお店に対して付けられるものだと思っていた。ところが、3月に池袋に新規出店するのに続き、ゲーマーズ本店がアニブロゲーマーズとなる事が本日発表された。まさか、ゲーマーズ本店までアニブロゲーマーズになるとは、もしかしたらとは思いつつも、正直、驚いた。

このニュースを聴いて真っ先に思い出したのが文化放送の「超機動放送アニゲマスター」で2003年4月19日に放送された特集「アニメ店長 vs デ・ジ・キャラット 4.19頂上決戦!!」である。何しろ、この特集のネタで「アニメイトがゲーマーズに吸収合併し、アニメイトゲーマーズ誕生。」なんてものがあったのだから。当時のブロッコリーといえば、GA第3期終了し、デ・ジ・キャラットにょが始まった頃であった。

関連記事
文化放送「超機動放送アニゲマスター」特集「アニメ店長 vs デ・ジ・キャラット 4.19頂上決戦!!」密着レポート(animate.tv)

関連エントリ
アニメ店長(アニメイト)VSでじこ(ゲーマーズ)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter