フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« チンプイDVD-BOX到着 | トップページ | チンプイDVD-BOX分析(2) 映画の収録形態について »

チンプイDVD-BOX分析(1) 映画のアスペクト比について

チンプイDVD-BOXの中身をざっと確認したところ、映画「エリさま活動大写真」が16:9LBで収録されている事が目に付いた。この事に関してはTV版ディスクのトールケースを覆っている紙にも記載されているので店頭でも確認可能である。

また、おおはたさんのブログにて、以下の記述が引っかかった。

>今回のBOX発売で、「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!」とカップリングで出ていた劇場版DVDの立場がなくなってしまった気がする。

というのも、シンエイ動画制作の藤子アニメの映画版は1997年の「のび太のねじまき都市冒険記」以前は4:3スタンダードで制作され、劇場公開時は上下をトリミングしていたと記憶していたからである。従って、今までセルまたはレンタルで出回っているドラえもんの映画のビデオやDVDも、1997年以前は4:3での収録となっているが、トリミングしているわけではない。この記憶が確かならば、DVD-BOXの映画版は上下をトリミングして、劇場公開版として収録されている事になる。

なお、既に出回っているチンプイ劇場版のDVDはセルとレンタルでカップリング作品が異なり、セル版は「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!」とのカップリングとなっている。この為だけに現物を購入するのは見送ったが、DVD売り場にて、手にとって裏面に書かれたDVD収録仕様を確認することはできた。そこには、4:3と16:9LBが並べて表記してあった。これではドラミちゃんとチンプイのどちらが16:9LBで収録されているのか不明である。「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!」の公開年は1993年であり、時期的には4:3で作られている事が推測できるのだが。

レンタル版は「ぼくの生まれた日」「がんばれ!ジャイアン!!」「ザ・ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!」「ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!」とカップリングにされており、適当に詰め込んだ印象が拭えない。収録形態については近々借りて確認して来ようっと。

(2007.12.20追記)
レンタルで借りて確認できたので追加情報をアップいたしました。

次に確認したのは、映画が1990年秋にTVで放送された際の録画テープである。数年ぶりに再生してみたが、保管状況が良かったためか、幸いにも劣化はあまり見られなかった。

(上:TV放映版、下:DVD-BOX)

シーンA

シーンB

シーンC

一目瞭然。冒頭に述べたとおり、DVD-BOXに収録された映画版は上下をトリミングしていた。つまり、劇場公開版としての収録である。仮に、「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!」とカップリング版がスタンダードサイズでの収録ならば、オリジナル版を見る為の手段として存在価値が出てくる。


とは言え、DVD-BOXの劇場版DVDの容量は2.75GB。トリミング版と非トリミング版の両方入れる事は十分可能であるので、できれば両方入れて欲しかったというのは欲張り過ぎだろうか。また、音声もドルビーデジタルの192kbpsとなっており、もう少しビットレート上げても良かったと思う。一方でブリッジアニメを収録した事は十分に評価できる事であるが。

ちなみに、TV放映時は、ブリッジアニメ→通常OP→映画本編→37話次回予告→フィルムコミックプレゼントのお知らせ という順番で放映された事を付け加えておく。

« チンプイDVD-BOX到着 | トップページ | チンプイDVD-BOX分析(2) 映画の収録形態について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

 劇場版の画面サイズについては、こちらのエントリを拝見するまで、気が付いていませんでした。たしかに、シンエイ藤子アニメの劇場版は、大半がスタンダードサイズでしたね。
 私も「ドラミ」とのカップリングDVDは持っていないので収録形態がわからないのですが、少なくともテレ朝チャンネルでは4:3スタンダード版で放映されました。
 もし、単品DVDがスタンダード版なら、今回のBOXはあえて劇場公開時の状態で収録したと言う事なのでしょう。
 似たようなパターンで、「鬼太郎」(2作目)の劇場版「地相眼」(テレビ版の再編集)は、劇場では上下トリミングで上映し、DVDでは元の4:3素材で収録しており、ブックレットでその経緯がきちんと説明されていました。「チンプイ」も、ブックレットで触れておくべきでしたね。
 今回の「チンプイ」BOXは、収録された映像にはほとんど不満はありませんが、ブックレットで突っ込んだ記事があれば、さらにいいBOXになっていたと思います。

トラックバックありがとうございます(^^)

手持ちの「ハロー恐竜キッズ!」とのカップリングDVDを探して観てみましたが、上下がトリミングされた16:9で収録されていました。今回の特典ディスクと同様の仕様のようです。「ハロー恐竜キッズ!」の方は4:3で収録されていました。

一般的に映画のDVDって、左右がトリミングされてスタンダードサイズにされてしまっている印象があったので、今回のように上下がカットされていたとは全く気付きませんでした(汗)。「ミニドラSOS!!!」とのカップリングビデオも持っているのですが、そちらはテレビ放送と同様のスタンダード収録だったように思いますので、「ハロー恐竜キッズ!」とのカップリングDVDが発売されたときに、初めて16:9サイズで収録されるようになったみたいですね。その経緯が気になるところです。

●おおはたさん
鬼太郎DVD-BOXは収録形態、ブックレット含めて出来はいいようですね。
DVD-BOXは作品のことをファンも含めてきちんと分かっている人に作ってほしいものです。

●月さん
ドラミちゃんとのカップリングDVDについての情報、ありがとうございました。レンタル版をようやく借りてきたので、まとめて続報エントリをアップすることに致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/17360301

この記事へのトラックバック一覧です: チンプイDVD-BOX分析(1) 映画のアスペクト比について:

» チンプイメモリアルDVD-BOXの感想(前編) [パンポロリン!]
『チンプイメモリアルDVD-BOX』感想の前編です。とりあえず真っ先に1枚目ディスクの序盤と次回予告部分、8枚目ディスクの番宣映像集をサラっと見て、他のディスクや本編などはまだ未見ですが・・・なんといっても次回予告!CSテレ朝チャンネルの再放送では見られなかっ...... [続きを読む]

« チンプイDVD-BOX到着 | トップページ | チンプイDVD-BOX分析(2) 映画の収録形態について »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter