フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東京国際アニメフェア2007 一日目 | トップページ | エル・カザド 第1話「逃げる女」 »

東京国際アニメフェア2007 二日目

今日も朝から出撃。その訳は・・・。

・10:30~ ステージII セイントオクトーバー 声優スペシャルステージ
出演:片岡あづさ、福井裕佳梨、小林ゆう、川本成、佐藤まさふみ監督
待ち時間の間、隣の特設ステージでは一騎当千DDRの公録が行われていた。出演予定だった浅野真澄は前日のアニスパ!をインフルエンザのため欠席していたが、体調が急に回復するわけもなく、本日も欠席となっていた。

開始時刻となり、KONAMIのお姉さんが諸注意をした後、最初にMCも務める黒木功士朗役の川本成が登場。いきなり最前列に固まっていた人達から発せられていた匂いに引いていた。続いて、黒ロリの片岡あづさ、白ロリの福井裕佳梨、赤ロリの小林ゆうがコスプレ衣装で順番に登場して、その度に客席から大声援が起きた。片岡あづさは自己紹介で「たぶん私を見るのが初めての方がほとんどだと思います」と語っていたが、2年前のKフェスのマイメロイベントで見たのは覚えているぞ。最前列集団から名前のコールを受けた直後、やや引いているように見えて初々しかった。そして、福井裕佳梨と小林ゆうの異常な天然ボケ度はもはや恒例行事である。小林ゆうの異常なまでに腰の低い挨拶は周りにも伝染するのか、片岡あづさも挨拶や受け答えが丁寧に感じた。それにしてもロリコスプレはテレビで見るより実際に見た方が良い。強風が吹き荒れる中、朝早く来て良かった・・・。

最後に佐藤まさふみ監督が登場してトークタイムが始まった。その間も、小林ゆうは客席の反応に応える形で頻繁に手を振っていたのだが、監督や他の出演者の話は全然聞いていなかったようで、川本成にいじられまくっていた。監督の話も、企画段階ではもっとシリアスだった事や、大袈裟な変身シーンには意味は持たせていないので勝手に想像してほしいと語った事、歌詞入りのOPについて「ガスター10のCMにインスパイアされた」と語った事など意外な話が聞けたのは予想外の収穫であった。

最後は振り付けつきでOPを披露。最前列を占拠していた集団が立っちゃったので結局客席全員立っちゃったけど、微妙に気まずい空気が流れていたぞ。振り付けはTVで見たとおりで、生で見られて大感激で、DVDがほしくなってしまったのは蛇足である。なんだろうこの感覚は。ぴちぴちピッチにはまっていった時の感覚に近い。

・12:30~ 特設ステージ インターネットラジオステーション<音泉> 春の新番組スペシャル
出演:やまけん、福井裕佳梨、片岡あづさ、小林ゆう、柿原徹也、井上麻里奈
MCはやまけんと福井裕佳梨。福井裕佳梨は白ロリ衣装のままであった。最初に片岡あづさと小林ゆうがコスプレしたまま登場して「ゴスロリ少女探偵団 ラジオ日誌」をPR。ここでも小林ゆうは話を聞かずに手を振っていたらマイクを落としてやまけんに怒られていた・・・。

・13:30~ 特設ステージ TAF&JAU共催 ~日俳連 人気声優大集合~ 「ボイス玉手箱!」
出演:山寺宏一、高山みなみ、池田昌子、井上喜久子、肝付兼太、坂本千夏、浪川大輔、平田広明、堀内賢雄、堀江由衣、間宮くるみ、三ツ矢雄二
超豪華メンバーでお送りする本日最大のイベント。台本は高山みなみが書いたらしい。内容は男女に分かれて、それぞれ一般公募の客も4人(うち二人は親子)ずつ加わり、様々なゲームで対決するというもの。この企画は毎年恒例となっているが、今年は出演声優に堀江由衣もいるという事で客層が昨年までと全く異なっていた。
第1ラウンドは絶叫対決でデシベル測定器で対決するはずだったのだが機械が壊れて急遽会場からの拍手で勝敗付ける事に。これは坂本千夏のメイが効いたのか女性チームの勝利。第2ラウンドは声の持続時間対決。壊れて舞台裏に引っ込んでいた機械はデシベル測定以外は大丈夫だったので、ストップウォッチとして復活した。女性チームは堀江由衣が指名されたので、客席の一部は異様な盛り上がりになったが、一応、場は弁えていた。第2ラウンドも女性の勝利。第3ラウンドはくじに書かれた台本を、あらかじめ決められた秒数にいかに近く納めることができるか対決。男性チームの中で自信満々で出場した堀内賢雄は30秒指定で早く言いすぎてしまい、赤っ恥をかいた。女性チームのキャプテン、池田昌子は綾小路きみまろ風に演技する事を要求されつつも見事にこなした。対して男性チームキャプテン、肝付兼太は、最後に残ったコギャル風演技をやる事になったが、25秒指定を24.5秒に納めて演じきり、客席からどよめきが起こっていた。最後は早口言葉対決。同じ言葉を順番に早口で言い、短時間で全員回った方が勝ち。声優の得意分野と思われたが、苦戦する声優が続出。肝付兼太と池田昌子両キャプテンはあっさりとクリアして、貫禄を見せた。

一般公募の客はここで退き、第2部が始まった。井上喜久子が17歳教ネタを挙げ、堀江由衣も入会している事に触れて会場大盛り上がり。山寺宏一は池田昌子に感想を振り、「いいんじゃないでしょうか」とやや苦し紛れに答える池田昌子は貴重な構図であった。

この後も、まだまだステージは続いていたが、この場を離れた。最後まで見たかった・・・。

・15:00~ コナミブース セイントオクトーバーステージ
出演:片岡あづさ、福井裕佳梨、小林ゆう、川本成
監督は登場せずライブもないので、トークのみ。それでも小林ゆうのネタキャラっぷりは今回も炸裂。趣味は何かとの問いに、「最近はティッシュ細工」と応えるゆう画伯。観客からティッシュが提供され、鳥を作ったのだが、ああ、芸術って素晴らしいね・・・。

・16:00~ 特設ステージ 声優アワードスペシャルステージ
出演:朴璐美、小清水亜美、柿原徹也、鹿野優以、平野綾、池田昌子、小原乃梨子、向井真理子
MCは毎度おなじみ鷲崎健。出演予定だった浅野真澄はもちろん欠席。最後はなぜか鷲崎健愛用の眼鏡争奪ジャンケン大会になり、出演者のサインが入れられて、観客一人にプレゼントされた。

« 東京国際アニメフェア2007 一日目 | トップページ | エル・カザド 第1話「逃げる女」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/14404250

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際アニメフェア2007 二日目:

» セイントオクトーバー 声優スペシャルステージ [i-revo東京国際アニメフェア特集]
動画レポート公開中! 東京国際アニメフェア2007での熱気に包まれたセイントオクトーバーステージ模様を、 動画でレポート! [続きを読む]

« 東京国際アニメフェア2007 一日目 | トップページ | エル・カザド 第1話「逃げる女」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter