フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 常磐線E531系二階建グリーン車営業運転開始 | トップページ | 2007年1月期新番組(1) »

ドラえもん大胆改革案

昨年12月31日に放送された大晦日生放送特番の視聴率が関東地区で5.7%。実にめでたいね。あんな番組で高視聴率が取れても何にも嬉しくない。

藤子・F・不二雄氏没後10年。落ちるところまで落ちたドラえもん。自分の最低限の願いは、内容よりも前に、OPがあって、Aパート、Bパート、場合によってはCパート、そしてED、次回予告という、基本的なフォーマットで番組を見せてくれということだが、テレビ朝日はそれすらもやる気がないようだ。

もうゴールデンではああいう番組しか放映できんのなら、金曜夜から撤退した方が良い。となると、土曜か日曜の午前中が相応しい。あの時間に放映されているアニメ・特撮は、(アバン→)OP→Aパート→Bパート→ED→次回予告という基本的なフォーマットが比較的守られている。ていうか、現在放映されているアニメで、ドラえもんの放送形態が特異すぎるのだ。しかしながら、現状では日曜朝は枠がない。他局との兼ね合いもあるし、他局でアニメを放映している時間帯にぶつけて少ないパイを奪い合うことは望ましくない。土曜も日曜も有力なのは7時台か10時半以降か。

あと、テレビ朝日にはろくな人材がおらんようだから、思い切って朝日放送(ABC)制作に変えてみてはどうか。私見ではあるが、テレビ朝日系で放送されている番組は、テレビ朝日制作よりABC制作の番組の方が、まだ、良心が残っているような気がする。

わさドラを始めた事の評価は、あえて、まだ下さないでおくが、大山ドラを終わらせたという点に関しては、今でも、大いに評価している。ドラえもんを巡る状況に異変が起こり始めたのはF氏が亡くなった前後からであると感じており、そして、それは現在進行形である。

アマ・ジャナというブログの「ドラえもん」の呆れた制作裏事情(3)にて自分が書き込んだ内容が取り上げられていた。

今年の映画「のび太の恐竜2006」の舞台挨拶に足を運んだ際、水田わさびさんのドラえもんの声を聴いて大喜びする子供達を多数目にして、子供達は新しいドラえもんをとっくに受け入れているという事で安心いたしました。子供達がせっかく馴染みつつあるのに短期間でまた声を変えることは逆効果である事は感じました。

まだだ。まだ終わらんよ。「老年期の終り」の終わりというSF短編を思い出した。

でも、言葉を返せば、金曜19時にもテレビ朝日にも、もう希望はないという事さ・・・。

« 常磐線E531系二階建グリーン車営業運転開始 | トップページ | 2007年1月期新番組(1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。シンドリャーです。
今年もよろしくお願いいたします。

>テレビ朝日にはろくな人材がおらんようだから、思い切って朝日放送(ABC)制作に変えてみてはどうか。

地元関西の人間としてはそのほうがいいかも?
そしたら藤子アニメが、ABCでどんどん再放送されちゃったりなんかして(笑)

よろしければ、ぜひともこの記事を、私の「アニメ「ドラえもん」を守る会wiki」のトラックバックセンターに送っていただけないでしょうか。もちろん強制ではありません。ご協力をお願いいたします。
http://wiki.livedoor.jp/seiyu_meikan/d/%a5%c8%a5%e9%a5%c3%a5%af%a5%d0%a5%c3%a5%af%a5%bb%a5%f3%a5%bf%a1%bc

>シンドリャーさん
ご無沙汰しております。

結論から申しますと、トラックバックの送信についてはお断りさせていただきます。理由については、あなたがやろうとしている事に関して、Wikiという手段に疑問符であるという事、そして何より、あなた自身の今までのブログや藤子ファンサイトにおける掲示板での発言に疑問符を抱いているという事もあります。ブログや掲示板で発言すればするほど、シンドリャーさん自身が墓穴を掘っていると感じました。ジャーナリストを目指しているのでしたら、もう少し、藤子作品やアニメ業界に対する知識を深めてからでも遅くはないと思います。

個人的には、ごったニメーションblogにおいて以前やっていたような、BLOOD+の全話レビューと同じ様なものを、エスパー魔美においてもやっていただきたい所です。

なお、当blogの各エントリに対して、そちらからリンクをする事に関しては、ご自由にしてくださって構いません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/13387736

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん大胆改革案:

« 常磐線E531系二階建グリーン車営業運転開始 | トップページ | 2007年1月期新番組(1) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter