フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

今月購入したアニメDVD

ムシャクシャしていた。ついカッとなって買ってしまった。今は反省している。


IMGP1576
左上から錬金3級まじかる?ぽか~ん初回限定版DVD-BOX1、SoltyRei 初回限定版 FILE.6、涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版、SoltyRei 初回限定版 FILE.3

長年越しの願いで発売が決定した某作品のDVD-BOX購入資金を供出するため、食費まで削って貯めていたのだが、発売元の度重なる歯切れの悪い対応に堪忍袋の緒も切れ、ひとまず購入を見合わせることを決めた。その件については別エントリで。

購入見合わせの反動で、お金に少々余裕が出てきた事が購入動機に繋がったわけでもないが、6月にアニメDVDにつぎ込んだ金額がえらいことになってしまった。

SoltyRei に関しては、最終回で綺麗に終わったこと、ネットラジオで楽しませてもらっていること、DVD発売記念イベントで楽しませてもらったことへの感謝を込めて、DVDを全部集めることにしたのだ。既に FILE.1、FILE.2、FILE.5は購入済のため、残るは FILE.4 及び来月発売のFILE.7となっている。とはいえ、GONZOのDVDはかなり高い部類に入るため、ネット通販はかなりありがたい存在だ。

錬金3級まじかる?ぽか~んに関しては、放映開始直前に発売されたアニメージュの付録DVDに収録された第1話を見た限りでは全く期待していなかったのだが、終わってみると、4月スタート番組の中では上位に入った。DVD-BOXにはオリジナル話も含まれているという事で購入。

本日の amazon.co.jp からの配達物(6/23)

まあ、そういう事です。


IMGP1566
原作小説5巻を読んだ方がわかりやすいイラスト

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode:00 限定版 を世の中の祭りとは関係なく欲しかったので購入。1話分しか収録されていないが、恋のミクル伝説(TVサイズ)&サントラ&ラジオ企画CDもついてきてEDの絵コンテもついてきて特典映像で実写CMのメイキング映像もついてくるからまあいいか。最近はDVDを購入するときはたいてい20%以上割引率のある店で購入している。

そういえば、錬金3級まじかる?ぽか~ん最終回を見てから数日経って無性にDVD購入意欲が沸いてきたので購入しようとしたら軒並み売り切れ。ネット通販で購入しようとしたら割引率の高い店はほぼ品切れ。結局、割引率は低いながらもポイント還元率は高かった某店で注文。到着待ち。

本日の秋葉原でのお買い物(6/20)

うむ。


IMGP1560
2枚買ったわけじゃないよ。

涼宮ハルヒの詰合(つめあわせ)フライングゲット。OPとEDの購入はスルーしたが、こちらは購入。

原作小説は現在4巻まで読破。現在は5巻の雪山の話。

大山のぶ代「ぼく、ドラえもんでした。」出版記念サイン会 in 池袋

本日はリブロ池袋店で開かれた大山のぶ代「ぼく、ドラえもんでした。」出版記念サイン会に参加してきた。

この本自体は別の本屋で既に入手していたのだが、サイン会が行われることを知り、整理券がまだあることを問い合わせて確認して、結局、もう一冊買ってしまった。

池袋駅に着いたのはサイン会開始時刻の1時間ほど前であった。今回のサイン会は当日会場に来た先着順のため、既に列がかなり伸びていた。このような藤子・ドラえもん関係のイベントが行われると、たいてい知り合いの藤子ファンに遭遇する。今回も、会場に着くと、藤子不二雄ファンはここにいるのkoikesan氏にいきなり話しかけられた。遠路はるばる駆け付ける行動力には本当に恐れ入ります。聴けば、他にも何人か有名ファンサイトの藤子ファンがいらっしゃってる様子。今回はあまり話せませんでしたが、次の機会にゆっくりお話ししたいです。

さて、整理券を係員に見せた後、待機列に並ぶと、係員から一枚の紙と鉛筆が渡され、説明を受けた。大山さんの目が悪いため、渡された紙にあらかじめ大きな字で名字か名前を書いてくれ事だったので、名前を書くことにした。また、事前の告知では、サイン会の店員は150名となっていたようだが、実際は300名分配布されていたようで、人数が多すぎるため、ツーショット写真禁止令が出ていた。実際には家族連れや友人同士で来た人は、一緒に来た人にツーショット写真を撮ってもらっていたのだが。

15時過ぎにサイン会は始まったのだが、待つこと40分、いよいよ自分の出番が近づいてきた。係員からは再び、人数が多いことを理由にツーショット写真は控えるようにとの注意が出る。また、待機列の外には偶然通りかかった人が携帯電話のカメラで撮影しようと試みていたが、カメラはともかく携帯電話内蔵のカメラは撮影禁止となっていたため、係員が必死に注意をしていた。

当初の予定では、係員の方に、大山さんと握手している瞬間の写真をお願いしようと思っていたのだが、前述の理由のため、控えることにした。いよいよ自分の出番が迫る。大山さんにはどのような言葉をかけたらいいだろうか。「新しいドラえもんはどう思いますか?」「無敵超人ザンボット3の神勝平君も好きです。スーパーロボット大戦にも出ていただけないでしょうか」なんて空気の読めない質問はできない。できるわけがない。「物心付く前からドラえもんを見続けています。小学生の頃からドラえもん特番をビデオに録り続けています。」この辺が無難か。

とうとう自分の番になった。

私「こんにちは」
大山さん「×□くんね。」
私「『△○』と読みます」

私の本名は名字も名前も珍しく、一発で呼んでもらえることは滅多にない。ふりがなを振っておけば良かった。とっさに出た会話は。

私「去年の新宿のゲームセンターのイベントにも参加させていただきました。名刺もいただきました。」
大山さん「ワハハハハ」(大爆笑)

大山さん「あの時は100人以上に名刺を配って大変だったのよ」

そして、大山さんは、あれ(アルカノイド)なら私にもできること、殺し合いのゲームは嫌いという事など、一日店長を務めた時におっしゃった事を再び語ってくれた。ほんの短い時間ではあったが、至福の時間であったのは言うまでもない。いざ、ご本人を目の前にすると、何を言ったらいいのかよく分からなくなってしまったが、十分満足である。

そして、私の名前を自身のサインを書き終えた大山さんは、

「2回目の握手ね」

と言って、再び、握手をしてもらったのであった。

サイン会会場から離れて柵の外から写真を何枚か撮っていたら、遠目に某atRANDOMの管理人氏を発見。一言挨拶しておこうと思ったのだが、見失ってしまった。

待機列を見ると自分が並び始めた時よりさらに列は伸びており、全員分のサインを書き終えるにはまだまだ時間がかかりそうな状況であったので、会場を後にした。

大山さん、本当にお疲れ様でした。


IMGP1541
自分の出番が目前に迫る


IMGP1552
人数が多いにもかかわらず、大山さんは一人一人に時間を割いてお話しをしてくださいました。


IMGP1556
サイン会会場の看板

関連エントリ
大山のぶ代「クラブセガ新宿西口」1日店長レポ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter