フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

第23回次世代WHF ドラえもんスーパーステージ「のび太の恐竜2006」レポ

1月22日日曜日、幕張メッセで開催された第23回次世代ワールドホビーフェアに行ってきた。メインステージでドラえもんのイベントが行われ、声優も出演するとの情報を耳にしたからである。当日は前日まで降り続いた雪がところどころに残っていたが、朝から数多くの観客が詰めかけた。ステージは10時からだったので、9時過ぎに海浜幕張駅に着くようにしたのだが、入場まで90分待ちとの案内が出ていた。もっとも過去の経験から30~40分程度で入れると予想していたので、動揺はしなかった。そして、予想通り、並び始めてから30分で入場できた。

本日のステージに出演したのはドラえもん役水田わさびとのび太役大原めぐみの二人であった。


以下後日。
写真だけ先にアップしておきます。


IMGP1235


IMGP1237


IMGP1249


IMGP1272

テレビ朝日「アニメdeおめざめ!」枠でドラえもん再放送

あけましておめでとうございます。今年も MISTTIMES.com をよろしくお願いします。

さて、テレビ朝日毎週土曜早朝4:55~5:23(ただし月に1回程度休止の場合あり)の枠で、1月7日より、水田わさび版ドラえもんの再放送が始まった。一部では大山のぶ代版ドラえもんが再放送なのかと噂されたようだが、再放送されたのはわさドラであった。やはり、3月公開予定の映画に関連しての再放送ということなのだろう。本日放送されたのは昨年4月15日に放送された第1回の中から、「勉強べやの釣り堀」「思い出せ!あの日の感動」の2本が放送された。第1回の本放送は1時間枠で放映されたため、中編の「タイムマシンがなくなった!!」は外されたものと思われる。

放映形態は本放送とは全く事なり、OPはカットされ、現行のOPを使用した映像が少し流れた後、Aパートがいきなり始まった。Aパート終了後は映画の予告が流れ、ようやく提供クレジット、そしてCM、Bパート、映画の予告、現行OPの映像を用いた15秒間のスタッフクレジット(BGMは不明)、CM、提供クレジットという流れで放送された。もちろん、この枠でおなじみの画面の左上に常時表示される天気予報も健在である。

この枠は昨年の今頃は同じく藤子・F・不二雄原作のチンプイが再放送されていたのだが、映画公開を直前に控えたクレヨンしんちゃんのため、20話分放映したところで、中止された。クレヨンしんちゃん映画公開終了後はチンプイの再放送は再開されず、以前同じ枠で最終回まで再放送された21エモンが、再度一話から放送された。これも長続きせず、ドラえもんが再放送される事になった。

土曜の早朝のこの時間に映画のPRを兼ねた再放送をすることに、どれほど意味があるのか、テレビ朝日の番組編成は理解不能である。地上波では一度も再放送されなかったチンプイが再放送されたのは非常に嬉しかったし、天気予報が表示される最悪の条件下でも、毎週ビデオに録画したものだ。

4月以降、この枠がどうなるかわからないが、チンプイの21話以降が放送される事を望みたい。

関連エントリ
テレビ朝日でチンプイ再放送開始
テレビ朝日 チンプイ再放送打ち切り

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter