フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 忍者ハットリくんDVD-BOX化決定 | トップページ | わさドラへの期待 »

わさドラ第3回「どくさいスイッチ(前編・後編)」

いつのまにか月曜日になってしまったわけだが、「どくさいスイッチ」の感想。

といっても、既に他のブログや日記で他人の感想をかなり目にしてしまっているので、今さら書くこととしても、他所で既に書かれている事ばかりになってしまう。他所で指摘されてるように、気になったのは、原作と比較してジャイアンの暴力描写が緩くなっていた事と、ドラえもん役水田わさび、のび太役大原めぐみ共に、まだキャラクターを完全につかみ切れていない事。真面目なシーンになると、演技の不自然さが露呈してしまったのだ。キャストが決まってからまだ2ヶ月ほどしか経っていないので、試行錯誤の段階なのだろう。

過去の長期放映作アニメを見返してみると、初期の回は中盤以降と比べて不自然さが際だっている場合がほとんどであった。長期連載漫画の単行本第一巻を見返すと、絵が雑だと感じるようなものである。従って、短期打ち切りはないと仮定した上で、3ヶ月~半年くらいは様子を見る必要はあるのではないか。高度な演技力が要求される話は、もう少し後に持ってきてほしい。

最近は1クールで終わるアニメも多いが、キャラクターを掴みきる前に放映が終わってしまいそうで、声優も大変だと思う。

内容に関しては、オリジナルシーンも上手く融合していて、まあまあ良かったと思う。翌日に放映されたふしぎ星の☆ふたご姫では電波脚本炸裂だった高橋ナツコ大先生も、ドラえもんにおいては、控えめにしているようだ。

あと、不安だった竹内都子のジャイアンの母ちゃんの声が合っていたのはうれしい誤算だった。過去には「夢のクレヨン王国」のキラップ女史役で声優としてレギュラー出演していたようだ。クレヨン王国は見ていなかったので知らなかった。

やはり、ある程度テンションを維持しないと、感想もすらすらと書けない。3週目にして早くも当日の感想アップから脱落してしまった。個人でやってるブログである以上、無理して毎週書く必要はないので、今後、毎週書いていくかはわからない。

これだけだと何なので、ちょっと与太話を。

5月1日日曜日、バンダイミュージアム内ガンダムカフェにて、サンライズラヂオEX公開録音『「美郷あきさんお披露目会」&「かかずゆみさん卒業式」』が行われた。しずか役のかかずゆみを間近で見られるチャンスと言うことで、現地へ向かったのだが、着いた頃にはとっくに整理券配布は終了していたのだった。開始時間の時点でガンダムカフェに空席があれば、遠くからにはなるが、見られるかもしれないとの事だったので、なんとか時間を調整して、2回目の公開録音を見ることができたのであった。なお、当然のことながら、サンライズのラジオなので、ドラえもんの話は一切なかった。偶然この時間に入店した一般客も、まさか、近くにしずか役の声優がいるとは思わなかっただろうなあ。

ところで、この番組、北海道、中京、九州のみのオンエアで、関東では未放送であるにも関わらず、公開録音の会場がなぜ関東になったのか不明。従って、このラジオを聴いたことは一回もなかったし、公開録音がオンエアされても聴けるかどうかわからない。東海ラジオがギリギリはいるかどうか。


・インタビュー情報
声優になる!マガジンにのび太役の大原めぐみインタビューが掲載されている。

« 忍者ハットリくんDVD-BOX化決定 | トップページ | わさドラへの期待 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/3909813

この記事へのトラックバック一覧です: わさドラ第3回「どくさいスイッチ(前編・後編)」:

» 「どくさいスイッチ」鑑賞メモ [パンポロリン!]
エスパー魔美一挙放送の合間を縫うように、わさドラ3回目「どくさいスイッチ」(脚本:高橋ナツコ/演出、絵コンテ:釘宮 洋)鑑賞。 この話、明るいドラえもんの中にあって怖くて黒い話、風刺的な話として有名。でも私が小学校低学年の時に初めて原作を読んだときの...... [続きを読む]

» 新ドラえもん 4.29 [TheSkyBeans]
「どくさいスイッチ」前・後 今週も各シーンの分析から。 ・誰もいない空き地 図らずも完全な支配者となったことを明示。事態の重さを認識しようとしていない(したくない)のび太の心の空洞を荒涼とした空き地によって表現している。原作では確か手前の雑草は黒く、白黒ながらおどろおどろしさを表現しきっていたがアニメ版はここでこれといった効果は使っていなかった。 ・のび太が夕日を見るシーン 非常に効果的だった。単に寂しさや物悲しさ、空しさをを誘うだけではなく、のび太が何故わざわざ高い所から夕日... [続きを読む]

» アニメドラえもん(わさドラ)「どくさいスイッチ」の感想 [青い空はポケットの中に]
わさドラも今回で3回目の放送を迎えた。30分1話の放送形態はアニメドラ初の試み。いつも通り7時前にテレビの前に座り、放送を迎える。気がつけば、30分間ほとんど無心で見ていたのではないか、と感じた。今回は理屈ぬきで感動した。童心(といっても数年前だが)に帰らせてくれるよう... [続きを読む]

» 新生ドラ第3回「どくさいスイッチ」 [はなバルーンblog]
 本日の「ドラえもん」は「どくさいスイッチ」(脚本/高橋ナツコ、絵コンテ・演出/釘宮洋、作画監督/乙幡忠志、原作:てんコミ15巻)。新生アニメドラどころか、1979年4月のシンエイ版アニメドラ放送開始以来、レギュラー放送では初めての30分丸々1話放送となった(「タイムカプセル」の回は、特番扱いとする)。新作と再放送の入り交じっていたこれまでの放送形式では不可能だった事だ。実は、帯番組時代にも、前編・中編・後編の3話完結で作っ... [続きを読む]

» 新ドラえもん評4/29:どくさいスイッチ [Ashiko K Milk]
傑作と言えるのではないだろうか。 「見ごたえ」の点では金曜レギュラー放送用としてはもったいないほどで、ちかごろの感動系短編映画をも凌駕するほどの出来といえよう。 ドラえもんという作品のなかで、シリアスなテーマをあつかったものの中でも屈指の名作をアニメ化したのだから当然、というところもあるだろうが、演出も秀逸で、いつもとはまったく違うドラえもんの世界がつくられていた。 不気味なほどクールにハエを消し去るドラえもん。 ジャイアン、スネ夫を消してしまったのび太の慙愧。 その後のノイロ... [続きを読む]

» 恐れていた事態、勃発。リニュ第3話 [戯言人Blog]
 さすがに一時期に比べると、ネット上でのリニュードラに対する意見の応酬も落ち着いてきた感じだな。開始時の騒ぎは、普段ドラを見ることのない一見さんが大勢乱入して騒いでいるという噂を幾度か聞いたが、今現在の落ち着き振りが、逆説的に件の噂を立証している気がしな..... [続きを読む]

» わさドラ第3回「どくさいスイッチ(前・後編)」 [へっぽこ大学生の日常]
放送前は、この話を30分でやると間延びしてつまらなくなるんじゃないかと心配してたけど、実際に観てみると、多少間延びしている感はあったものの、オリジナル場面も悪くなく楽しめた。まあ今回の話は原作がメッセージ性の高い名作だから、そう簡単に糞化することは無いか。..... [続きを読む]

» 3回目も見ている [ぱあろくの酒とマンガの日々]
3回目も見た。ま、それくらい期待を持って見られる作品になってきたな。宣伝時のBG [続きを読む]

« 忍者ハットリくんDVD-BOX化決定 | トップページ | わさドラへの期待 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter