フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« わさドラへの期待 | トップページ | プロ野球セ・パ交流戦観戦記 阪神タイガースVS千葉ロッテマリーンズ »

わさドラ第4回「驚音波発振機」「オールマイティパス」

・「驚音波発振機」
木村昴ジャイアンによるはじめてのリサイタル。どのような歌を歌うか注目していたが、原作の他の話で歌っていたような歌詞だった。なお、原作にはジャイアンリサイタルのシーンはなく、のび太がジャイアンから逃げ隠れるシーンから始まる。先日放映されたスーパーJチャンネルの特集で、木村昴の父親はドイツ人で元オペラ歌手、母親は以前声楽の勉強をしていたことが明かされたが、木村昴ジャイアンの歌唱力はまあまあと言ったところか。音声が加工されているので何とも言えないが。

原作のサブタイトルは元々「狂音波発振機」だったが、過剰な自主規制によって、「狂」の文字が消された結果、「驚音波」に改竄されてしまった。「狂わせる音波」と「驚かせる音波」、どっちが道具名としてふさわしいかは、言うまでもないだろう。リニューアルドラえもんでは、秘密道具をポケットから取り出す際に道具名の字幕が表示されるが、道具の正式名称は「狂音波発振式ネズミ・ゴキブリ・南京虫・家ダニ・白アリ退治機」であるのに対して、画面に表示されたのはサブタイトル名であった。大山のぶ代版では帯番組時代の1979年12月31日に「狂音波発振機」のサブタイトルで初放映され、リメイク版が「ひびけ!ジャイアンの歌」というサブタイトルで1996年3月8日に放映されているので、今回は3回目のアニメ化となる。リメイク版が放映された頃には、てんとう虫コミックスにおける原作のサブタイトル変更が実施された後であったが、前述のようにリメイク版のサブタイトルは「ひびけ!ジャイアンの歌」に変更され、劇中ではドラえもんは道具名を発音するだけで画面上に表示されるわけではなかったため、自主規制の影響を回避していた。今回は、漫画版の自主規制がアニメにも及ぶ形になってしまった。今後、「狂時機(マッド・ウォッチ)」がアニメ化される場合のサブタイトルはどうなるのだろう。時間を狂わせる機械なのだから、そもそも規制の対象に入ること自体おかしいのだが、現在発売されているてんとう虫コミックスでは「驚時機」に変えられた上に、読み方まで「きょうじき」になっていて、完全に道具名が意味を成さなくなっている。

・「オールマイティパス」
星野スミレの声がどうなるのか注目していたが、松井菜桜子だった。パーマンとの繋がりは藤子・F・不二雄のファンサービスなので、別に増山江威子とか栗葉子を出さなくても、本編の進行には影響はない。仮に、今後、パーマンがキャスト総入れ替えでリメイクされた場合に、パー子が松井菜桜子だったら面白いけど。

原作にあるキャバレーに行こうとするのび太の描写も健在。気になった点として、オールマイティパスが効力を発揮した瞬間のエフェクトが何もなくて今ひとつわかりにくかったので、何らかのアニメ的な視覚効果がほしいとは思った。また、星野スミレの自宅の場所に関して、原作漫画だと、のび太が「住所はわかってる。車で三十分ぐらいのとこだ。」というセリフがあるが、今回のアニメ版では、そういった説明はなし。なのになぜか星野スミレの自宅を知っている。この話の脚本を書いたのは高橋ナツコ。細かい説明なしで強引にストーリーを展開するという、いかにもナツコ大先生らしいお話ではあった。


なお、今週はドラえもんニュースなるものが放送されたため、ミニシアターはなかった。大原めぐみ、木村昴は、演技のさらなる努力が必要といったところ。

藤子アニメ再放送情報
3月までチンプイが放送されていたテレビ朝日土曜早朝4時55分~5時23分の「アニメdeおめざめ」枠で、明日から21エモンの再放送が始まるようだ。地上波における藤子アニメの再放送は歓迎すべきことではあるが、21エモンは以前この枠で最終回まで放送された事があると記憶しているので、どうせなら、途中で打ち切られたチンプイの続きをやってほしかった。


関連エントリ
わさドラ第3回「どくさいスイッチ(前編・後編)」
わさドラ 第2話「のろのろ じたばた」「のび太のお嫁さん」
わさドラ いよいよ本日スタート

« わさドラへの期待 | トップページ | プロ野球セ・パ交流戦観戦記 阪神タイガースVS千葉ロッテマリーンズ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/4011986

この記事へのトラックバック一覧です: わさドラ第4回「驚音波発振機」「オールマイティパス」:

» 新生ドラ第4回「驚音波発振機」ほか [はなバルーンblog]
「驚音波発振機」(脚本/大野木寛、絵コンテ/前田康成、演出/宮本幸裕、作画監督/管野智之)  注目の新・ジャイアンの歌は、「おいらのハートの切なさよ〜」と、原作寄りの詩。歌声に効果をかけて音痴っぽく聴かせる手法はこれまで通りだが、今回はこの効果を抜きにしても、ちゃんと音程を外した感じで歌っていた点は評価できる。まあ、藤本先生も生前にたてかべ版ジャイアンの歌について指摘されていたように、作中のキ�... [続きを読む]

» 「わさドラ」第4回鑑賞 [ごった煮 〜シンドリャーのブログ〜]
今日は「驚音波発振機」(単行本第17巻)、「オールマイティパス」(単行本第15巻)の二本。木村ジャイアンによるリサイタルが、初のお目見え。まだまだ木村ジャイアンは未完成といったところか。相変わらず思うのだが、もう少し、演技にドスというか凄みが欲しいところ。...... [続きを読む]

» 「驚音波発振機」と「オールマイティパス」鑑賞メモ [パンポロリン!]
わさドラ4回目。今夜は「驚音波発振機」(てんコミ17巻)「オールマイティーパス」(てんコミ15巻)の2本。 結論から言うとやはり面白かった 30分画面に釘付け。このクオリティなら1時間4本立てで見たいくらいです さて、この二つのお話ですが、私にとって思い...... [続きを読む]

» リニューアルドラえもん感想 #4 [CODY スピリッツ!]
先週はどくさいスイッチとダークな一面を見せたドラえもん今週はどうなることやら、さあ全国のドラえもんファンの皆様!早速感想に入ります。 [続きを読む]

» わさドラ、4回目も鑑賞 [ぱあろくの酒とマンガの日々]
今日も早帰りで見てしまった。以前の金曜は呑みに行ってたのでこの所業は凄いな>俺。 [続きを読む]

» 「狂」を消すのは小学館くらい [戯言人Blog]
 今日、やっとFINALBOXのゴジラ映画を見終えたよ。27作品をぶっ続けで見るのはさすがに厳しかったなあ。と言っても今世紀に入ってからのゴジラはまったく見たことがなかったので、新鮮な気持ちで見ることができたのも事実。  余裕があればそれらについての感想でも書いて..... [続きを読む]

» ミュージックシーンに衝撃! ジャイアン新曲発表! [ナカヂマ喝雄の一発レッド]
第一話    新「ドラえもん」初のジャイアン・リサイタルがついに開催! これまでジャイアンのリサイタルと言えば「おれはジャイアンさまだ!」が定番だったが、今回は登場せず。やはりリニューアルに伴い、旧作でお馴染みだった各キャラのテーマ曲は使用されなくな... [続きを読む]

» ドラえもん(わさドラ)第4回「驚音波発振機」「オールマイティパス」 [青い空はポケットの中に]
わさドラも今回で4回目だ。1回目と2回目は落ち着いて見られず、3回目は「どくさいスイッチ」だったため更に落ち着けず、心安らかに見ていられなかったのだが、今回は安定軌道に乗ったという感じで落ち着いて見ることができた。◆「驚音波発振機」とにかくジャイアンの歌がメインの話。原題... [続きを読む]

« わさドラへの期待 | トップページ | プロ野球セ・パ交流戦観戦記 阪神タイガースVS千葉ロッテマリーンズ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter