フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 舞-HiME 続編決定 | トップページ | ツバサ・クロニクル 第1話『必然のデアイ』 »

2005年4月新番組(2)

ガラスの仮面
 深夜枠なのに1年間の放映を予定している。旧作ではマヤ役を務めた勝生真沙子も姫川歌子役で出演。リングにかけろ1と同じく、30年前は熱かった設定も今見るとギャグとして見てしまうのだが、かえって新鮮なのかもしれない。問題は、1年間の放映でどこまでやるかである。
でも、たぶん見ないな。フタコイとかぶっちゃうし。

いちご100%
 ジャンプフェスタ版と異なりキャラクターデザインが微妙。根岸貴幸なのにBGMが変。全く期待していなかったのだが原作通りの前時代的バカ展開が再現されていた。対して面白くもないのに原作漫画はジャンプで毎週読んでいる数少ない漫画だったりする。
ネタでジャンプの全プレDVDを頼んでしまったのはここだけの話。

ムシキング
 子供達の間で大人気らしい。シリーズ構成が吉田玲子と言うことで、そこそこのレベルの作品にはなりそうだが、暗い話が続くと視聴者は耐えきれるかどうかが勝負。

アイシールド21
 原作漫画はジャンプで毎週読んでいるが・・・。話題性を狙った素人だらけのふざけたキャスティング。ヒル魔にいたってはロンドンブーツ1号2号の田村淳。もうそれだけで見る気が失せる。第1話だけは見てみたが、田村淳の演技は全体から見ればマシな方で、他のキャラもひどかった。田村淳はEDのキャスト表示でも特別扱いになっている。芸能界は怖いね。

極上生徒会
 ラブひなや陸上防衛隊まおちゃんの監督を務めた岩崎良明にシリーズ構成は黒田洋介。それだけでネタ扱いになりそうだが。古くさい絵柄に、舞-HiMEとsakusakuと美鳥の日々とマリア様がみてるを足して4で割ったような作品だった。加えてケロロ軍曹風文字擬態音演出。

LOVELESS
 音楽が梶浦由記と言うことで見てみた。基本的に腐女子向け作品。能登麻美子バブルはこの手のアニメにも及び、女教師役で出ている。男しか出てこなかった好きしょと異なり、男でもそれなりに見られるけど、微妙。OPとEDは良かった。

スピードグラファー
 深夜枠らしく、女の子の腕がへし折られるシーンなど、グロテスクな描写があった。ヒロインの声優が公開オーディションで決定した素人なのが不安要素だが、第1話ではセリフがなかったので何とも言えない。そこそこ面白かったので、とりあえず来週も見てみる。

魔法先生ネギま!
 新番組ではないが、事実上の新番組(笑)。監督交代は明らかになっていたが、なんと、今週は監督が誰なのかクレジットされなかった。さらに、企画に大月俊倫の名もなく更迭された模様。オープニング後半で、画面と連動して先生と生徒のキャスト名が表記されるようになった。作画がやっと並の水準になった。


関連エントリ
2005年4月新番組(1)

« 舞-HiME 続編決定 | トップページ | ツバサ・クロニクル 第1話『必然のデアイ』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 今期も、アニメ新番組は多いですね。私は、感想を書こうにも、まだ録画したまま観ていないものがかなりたまっています。
 さて、「ガラスの仮面」の「旧作」は、テレビアニメ第一作の事でしたら、制作は「サザエさん」でお馴染みの「エイケン」です。98年のOVA版が東京ムービーですね。紛らわしいですが。

●おおはたさん
ご指摘ありがとうございます。ちょっと前にキッズステーションで再放送がおこなれていたのを見た時に、字幕の雰囲気が当時の東京ムービーに似ていたので勘違いしておりました。
該当箇所はこっそり削除しておきました。OVA版のマヤは緒方恵美だったんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/3618037

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年4月新番組(2):

« 舞-HiME 続編決定 | トップページ | ツバサ・クロニクル 第1話『必然のデアイ』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter