フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« テレビ朝日 チンプイ再放送打ち切り | トップページ | 水田わさび版ドラえもん 新声優記者会見レポ »

さようなら大山ドラえもん(1)

 本日、てんとう虫コミックスのドラえもん単行本としては9年ぶりの新刊となる、ドラえもんプラス第1巻が発売された。同時に、てんとう虫コミックススペシャルドラえもんカラー作品集の第5巻も発売された。奇しくも本日は、大山のぶ代のドラえもんがテレビで放送される最後の日となった。先々週は通常放送の最後、先週は最後の本編スペシャル。そして、今週は昨年公開された映画「のび太のワンニャン時空伝」が放送され、大山ドラえもんは本当に26年の歴史に幕を下ろした。ドラえもんの新刊の話に付いては別のエントリを改めて立てるとして、今回は声優の話を主に進める事とする。

 先週18日に放送されたスーパーJチャンネルの中で、「ドラえもんに休日を?!」のアフレコの後日、大山のぶ代と小原乃梨子の二人だけ呼ばれて、新規にアフレコをする場面が放送された。本日の番組冒頭部分のドラえもんとのび太のナレーションが、最後にアフレコしたものであろう。

 CMの直前には、レギュラー声優5人が一人ずつ顔出しして、映画の思い出も語りながら、視聴者にメッセージを送った。だけど、この構成はいただけなかったなあ。映画は映画でまとめて最後にまとめてほしかった。

 なお、映画本編の感想については、こちらに既に書いてあるので省略させていただく。

 レギュラー声優そしてスタッフの皆様には交代した方も大勢おられる他、残念ながら鬼籍に入られた方もいるが、まずは、26年間おつかれさまでしたと言いたい。

 個人的なことで恐縮ですが、昨年3月にはジャイアン役のたてかべ和也さんと、そして今年1月には大山のぶ代さんと握手できた事はいい思い出となりました。

 大山のぶ代がドラえもんの声を当てている。この事を意識し始めたのはいつであろうか。これは自分の中でははっきりと断定できる。1985年春、映画公開直後に出版された、映画「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」、「忍者ハットリくん+パーマン 忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵」のフィルムストーリー本を叔父に買ってもらったのがきっかけである。結局、映画自体は映画館には見に行かなかったのであるが、この本に掲載された、「おなじみ声優さん大集合」という記事を見て、初めて声優という存在を意識した。この記事には、映画出演声優の集合写真が大きく掲載されており、同時に、この写真で、はじめてドラえもんは大山のぶ代が声を当てているという事を意識した。また、野村道子の説明として「サザエさんのワカメちゃんもこの人が演じているのだ。」と書かれており、自分は小学校低学年の頃からしずかとワカメは同じ人が演じている事を知っていた訳である。かわいくない子供だ。この本のおかげで、以後、声優ヲタクへの道を進む事になるのは蛇足である。


V6010243

 この本に関して少し述べると、当時は、二人で一人の藤子不二雄であったし、ドラえもんは藤本弘が描いていて安孫子素雄は全く描いていないなんて考えた事もなかった。二人で描いているものと思っていた。ハットリくん+パーマンが極めてイレギュラーな作品だった事を意識するのは二人が独立した後である。考えてみれば、この映画はハットリくんがメインでパーマンはサブキャラ扱いだったのだが、その理由なんて考えなかったよ。

 本日の話に戻す。映画が終わり、番組終了直前に、水田わさびの声と共に、4月からの新しいドラえもんの映像が流れた。ほんのわずかではあったが、非常に原作絵に近く、好感が持てた。また、見えない圧力で自粛気味になっていたしずか入浴シーンがリニューアル後も健在だと言う事を示してくれた。

 自分の中では、今までの声優、スタッフに対しては感謝の気持ちを述べつつ、既に気持ちは新ドラえもんへの期待へと切り替わっている。

とはいえ、大山版ドラえもんに関しては、まだまだ書きたい事がたくさんある。それはまた別の機会に。


(2005.4.21追記)
さようなら大山ドラえもん(2) 26年続いた事は確かだが・・・
さようなら大山ドラえもん(3) 声を変えると言うこと


関連リンク
26年を振り返って─各声優さんからのメッセージ─ドラえもんワールド


関連エントリ
2004年ドラえもん&パーマン映画感想
大人だけのドラえもんオールナイト2004レポ
ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト2004レポ
大山のぶ代「クラブセガ新宿西口」1日店長レポ
さようなら大山ドラえもん(2) 26年続いた事は確かだが・・・
さようなら大山ドラえもん(3) 声を変えると言うこと

« テレビ朝日 チンプイ再放送打ち切り | トップページ | 水田わさび版ドラえもん 新声優記者会見レポ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/3438564

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら大山ドラえもん(1):

» 今日で最後、大山ドラ [へっぽこ大学生の日常]
この作品は劇場で観たので、とりあえず今日は録画したものを早送りしながら、好きなシーンや声優さんからのメッセージ部分のみ観た。 声優さんからのメッセージは、映画... [続きを読む]

» 大山ドラえもん最後の映画・・・。 [ごった煮 〜シンドリャーのブログ〜]
終わった・・・。旧声優陣のドラえもんの放送が、本日の映画「ワンニャン時空伝」をもって、26年間の歴史に幕を閉じた。本当のことを言えば、リアルタイムで見たかったの... [続きを読む]

» リニューアルドラ予告編の感想ほか [パンポロリン!]
映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝TV初放映+現行声優ラストメッセージ&リニューアル版予告VTR鑑賞。 ワンニャン時空伝についての感想は去年3~4月の個... [続きを読む]

» 声優陣コメントと次回予告 [LIL's commonplace days]
映画「のび太のワンニャン時空伝」のTV初放映。 再度流れることはまずない気がするけど"初"放映。 映像で見るのは初めてでしたが、漫画は既読につき 特に感想らしい... [続きを読む]

» とりあえず新しい声の感想 [サロン・ド・よしだ分館 おきらくblog]
今日のドラえもんスペシャルで新しいドラえもんの声が聞けましたが、ずいぶんかわいい声になった、というか・・・良くある簡単に作ったキャラクターの声、という感じが。 ... [続きを読む]

» 『のび太のワンニャン時空伝』&てんコミ [峠の茶屋]
ついに終わりました…(T_T)感想です。けっこう面白かったです。隕石が次々と落ちてくるところとか、最後のタイムマシンで5人が帰るあたり、切ない感じがしました。宇... [続きを読む]

» 幻のドラえもん [ピョートルのお気に入り]
日本テレビで放送されていた幻の「ドラえもん」見たいなあ。富田耕生さんの声でしゃべ [続きを読む]

» のび太のワンニャン時空伝 [Colors]
今日は寒かったので早く帰って、ドラえもんを見てました♪今夜放送していたのは、去年公開された映画「のび太のワンニャン時空伝」。あらすじのび太が拾ってママに内緒で飼... [続きを読む]

» 大山版「ドラえもん」最後の日 [はなバルーンblog]
 「ドラえもん プラス」のことばっかり書いていて、触れるのを忘れていたが、25日は「ドラえもん プラス」の(公式)発売日であるとともに、おそらく地上波金曜19時... [続きを読む]

» えどまる [BOREDOMSOON]
江戸たてもの園特別展「ドラえもんとはらっぱ」 最近どこもかしこもドラえもんな気がするがきっと気のせい、僕がドラえもんに敏感なだけだと思う。そんな中でも面白... [続きを読む]

» ドラえもん+買いました [感動日記]
ドラえもんの新刊としては、9年振りとなるてんとう虫コミック「ドラえもん+」の1巻が3月25日に発売されました。限定版と通常版の2種類があり、当然、両方買いまし... [続きを読む]

» 映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」公開(1) [ツバメのなんでもかんでも]
声優が変わってから初めての映画。期待して見に行く・・・・・・・わけありません。 大山のぶ代の声じゃないドラえもんなんてねえ。 昨年行われたアニメ版ドラえもんのリニューアル&声優の交代、 これをこの機会に検証してみたいと思います。 リニューアル版が始まったころは、いろいろな掲示板で騒がれました。 特に、声優の交代については、当初、賛成派と反対派がはっきりと分かれましたが、 テレビ放送の既成事実ができるにつ�... [続きを読む]

« テレビ朝日 チンプイ再放送打ち切り | トップページ | 水田わさび版ドラえもん 新声優記者会見レポ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter