フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 第21回次世代WHF: ミルモでポン!ステージイベントレポ | トップページ | 邪神ベルダンディー・フィギュア »

第21回次世代WHF: ドラえもん関係

小学館が中心となって主催されている次世代ワールドホビーフェアは、講談社のKフェスと違って、会場の隅から隅まで大盛況である。小学館ということで、ドラえもんのブースもあるのだが、コロコロとの合同ブースであった。4月からのリニューアルを控えて、ドラえもんどんどんプロジェクトが告知されていた他、発売済みのぼくドラえもんが全て読めるようになっていたり、「みんなでドラえもんにメッセージを送ろう」と題してメッセージを書き込めるコーナーが設置されていた。ぼくドラえもん展示コーナーでは、4月下旬から発刊予定のもっとドラえもんについて告知されていて、全5冊でコンプリートするとフィギュア付きムックと書いてあった。なお、昨年、展示されていた、バンダイのドラえもん・ザ・ロボットの展示はなかった。


IMGP0654
ドラえもんブース全景

物販コーナーではコミックテイストフィギュアが第1弾から第3弾まで全て販売されていた。単行本コーナーでは、ドラベースも含めて、現在書店で手に入る全てのドラえもんのコミックスが販売されていたが、コンビニ向けの低価格本はなかった。コロコロコミックの他の漫画も一緒に売られていたが、多くの子供が群がるのは、コロッケ!やでんぢゃらすじーさんであった。そもそも、このイベント自体、ドラえもん目当てで来る子供は皆無に等しいように思えた。このほか、ショウワノートブースでも原作絵の文房具が販売されていた。


IMGP0678
どんどんプロジェクトの告知(1)



IMGP0657
どんどんプロジェクトの告知(2)



IMGP0660
コミックテイストフィギュア



IMGP0663
ぼくドラえもん展示コーナー



IMGP0676
みんなでドラえもんにメッセージを送ろう

会場を回っているキャラクターお菓子販売コーナーを発見。北陸の所にドラえもんかにパイなるお菓子があった。藤子不二雄の出身地である富山県高岡のお菓子なのであろうか。温泉地域の所には、ハットリくんおかきやドラえもん温泉まんじゅうがあった。買わなかったけど。


IMGP0668
ドラえもんかにパイ?



IMGP0667
ハットリくんのもう一種類のお菓子は売り切れ

単なるキャラクターとしてのドラえもんブランドはここまで来てしまったか・・・。こういうのを買う人達ってドラえもんの漫画は読んでくれているのだろうか。そして、ドラえもん以外の藤子作品の立場は・・・。


関連エントリ
次世代ワールドホビーフェア(3) バンダイのドラえもん・ザ・ロボット

« 第21回次世代WHF: ミルモでポン!ステージイベントレポ | トップページ | 邪神ベルダンディー・フィギュア »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こんなイベントが開かれていたのですか。
たしかに近年がおどろくほどの数のドラえもんグッズが出回っていますねぇ。にぎやかでけっこうなことだとは思うんですが、無意味にドラえもんの絵だけをあわせているものなんかを見ると、なんだかな、と思ってしまいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/2681206

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回次世代WHF: ドラえもん関係:

« 第21回次世代WHF: ミルモでポン!ステージイベントレポ | トップページ | 邪神ベルダンディー・フィギュア »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter