フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 続・2004年10月新番組感想 | トップページ | 中身が空のDVD-BOXだらけ »

怒濤の藤子漫画出版ラッシュ

テレビアニメのドラえもんは通常放送を休止しての映画分割放映、特番は地震報道による中断→放映延期と大きな出来事が続いている。藤子成分が不足気味になった方もいるかもしれない。一方で、先週は藤子不二雄Aランドのプロゴルファー猿14巻とまんが道20巻、サル4巻が相次いで刊行され、今週はぴっかぴかコミックスでドラえもん4巻とパーマン1巻が刊行されたので、個人的には藤子成分は十分に補給できた、というかただいま補給中。ここまでたて続けてに出されると読む方も追いつかないくらいだ。さらに5日には、ぼくドラえもんも控えているし。藤子不二雄Aランドの2冊は秋葉原に用事があったついでに書泉ブックタワーで購入し、サル4巻は、発売されたことをすっかり忘れていたのを、上野駅のブックガーデンで偶然見つけて衝動買いした。

さて、ぴっかぴかコミックス初登場となったパーマンであるが、1巻収録分はてんとう虫コミックスや藤子不二雄ランドにも収録されなかった作品も多く、本来の読者のみならず、大人の藤子ファンにとってもうれしい状況になっている。この件に関しては藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記パーマニアの日々はなバルーンBlogに詳しい。

ところで、この時期や、それ以前に描かれた藤子まんがは基本的に手の指の数が4本となっていると記憶しているが、今回収録された作品は、ほとんど5本になっていた。中には4本で残っているコマも見受けられる。雑誌初出時や藤子不二雄ランド収録時はどうなっていたのか不明であるが、今回収録されるにあたって、藤子プロが描き変えた可能性も否定できない。4本指になっていた理由は、情報源は失念したが、「元々はディズニーが動画で手を素早く動かすときにリアルに見せるために開発された手法で、それを手塚治虫が漫画に取り入れた。」とか。まあ、漫画ならではの記号の一種だったのだろう。それでも、問題があったのか、劇画が流行りだして児童向け漫画でも最低限のリアリズムは必要になったからなのか定かではないが、ドラえもんを描き始めた頃には5本指になっている。4本指から5本指に変えた時期は定かではない。

個人的な見識になるが、どんな理由があろうとも、作者が亡くなっているにも関わらず作品に手を加えることに関しては賛成できない。てんとう虫コミックスのドラえもんでは平然と行われているようであるが。今回のパーマンの場合、なぜ4本指なのか疑問に思う読者はきっと出てくるだろう。自分も文庫版ではじめて漫画版パーマンに触れたときに疑問に思ったして、未だにはっきりとしたことはわかっていない。子供の場合はなおさらだ。そのような読者のために、わかりやすく書いた断り書きを載せてほしいと思った。安易にコマに手を加えるより、そうした方が、差別や表現などの問題に関して、より理解が深まると考えている。

本題がずれてきたので話を戻すと、冒頭にも書いたように、作品の鑑賞が全然追いついていないので、さっさと読みふけることにする。


11月3日追記
指の数の件についてkoikesanさんとおおはたさんから情報をいただきました。お二人には感謝申し上げます。
おおはたさんからは

>NU22号再録の「みつ夫くんが三人」を確認しましたが、絵の改竄は見あたりませんでした。

との情報が、またkoikesanさんからは

>体系的に調査したわけではありませんが、初出時における旧「パーマン」は、高学年向け雑誌では基本的に4本指で描かれ、幼年向けになると5本指の場合が増えてくるようです。

とのことなので、確定はできないものの、ぴっかぴかコミックス発刊にあたって藤子プロが指を描き足した可能性は低そうである。

« 続・2004年10月新番組感想 | トップページ | 中身が空のDVD-BOXだらけ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

こちらでは、はじめまして。私の日記を紹介してくださって、ありがとうございます。指の数の件ですが、今回のぴっかぴかコミックスのために指の数を描き足した、ということはないようです。(全話を調べたわけではありませんが) 私も、F先生が亡くなられたあとになって、先生の画に手を加えるのは反対です。作家や作品という存在を軽んじる行為だと思うからです。

 指の件ですが、私も、NU22号再録の「みつ夫くんが三人」見あたりませんでした。ついでに、NU22号の他の再録作品も見てみましたが、確かに指4本の方が多いですね(5本の場合もあります)。これが原因で古い作品の再録がしにくいのであれば、残念なことです。
 F先生死後の絵の改竄は「デンカ」文庫版で既に行われていますから、今回はなかったとしても、今後改竄があってもふしぎではないと思います。絵の改竄と言えるかどうか微妙ですが、「ぼくドラ」付録の「タヌキさいふ」扉絵のお札が、伊藤博文から夏目漱石に変えられていましたね。私も、このような行為には反対です。手塚作品のように但し書きを付けて、オリジナルのまま出版して欲しいと思います。

すみません、訂正です

「みつ夫くんが三人」見あたりませんでした
 ↓
「みつ夫くんが三人」を確認しましたが、絵の改竄は見あたりませんでした

●koikesanさん
いつも藤子MLの投稿を興味深く拝見しております。
>指の数の件ですが、今回のぴっかぴかコミックスのために指の数を描き足した、ということはないようです。
●おおはたさん
>NU22号再録の「みつ夫くんが三人」を確認しましたが、絵の改竄は見あたりませんでした。

ということは、雑誌初出時から元々5本だったということなのでしょうか。

体系的に調査したわけではありませんが、初出時における旧「パーマン」は、高学年向け雑誌では基本的に4本指で描かれ、幼年向けになると5本指の場合が増えてくるようです。

>koikesanさん
なるほど。文庫版・コンビニ版・てんコミ新装版がそのままであることを考えると、ぴっかぴかコミックス刊行にあたってわざわざ藤子プロが改竄した可能性は低そうですね。
貴重な情報ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/1847506

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の藤子漫画出版ラッシュ:

» 今月のぴっかぴかコミックス [はなバルーンblog]
 今日はぴっかぴかコミックスの発売日。さっそく買ってきた。  まず、「ドラえもん」第4巻だが、12話収録で、てんコミ未収録が5話、うち単行本初収録が3話と、未収... [続きを読む]

« 続・2004年10月新番組感想 | トップページ | 中身が空のDVD-BOXだらけ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter