フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« カレイドスター: キッズステーションの すごい 再放送 | トップページ | 祝・ドラえもん生誕35周年 声優交代賛成派と反対派におけるドラえもんの認識の違い »

ドラえもん声優交代問題: テレビ朝日社長定例会見で公式発表

ドラえもんおよびその他のキャラについて、はっきりとした情報源でないにも関わらずブログおよび日記や掲示板等で新しい声優の情報を書く方が大勢見受けられるが、制作側から正式な発表がない限り、新しい声優が誰になるかについての記事は、予想を書く程度にとどめた方がよいと思う。ネットの影響を甘く見ると、時には大騒動になるのだから。

(2005.3.10追記)
この件についてはこちらにまとめておいた。


さて、今まで制作側からの公式発表がなかったドラえもんの声優交代について、大方の予想通り、11月30日のテレビ朝日社長定例会見で初めて公にされた。テレビ朝日のドラえもん番組公式サイトでも、ファンのみなさまへと題してメッセージが掲載された。藤子プロの公式サイトでも、「ドラえもんニュープロジェクト始動!」と題して、特設ページが立ち上がっている。

「ドラえもん」リニューアルについて 早河常務:「ドラえもん」は、25年間で放送回数1967回、平均視聴率16.8%、最高視聴率31.2%、長編映画公開本数25本、映画の観客動員数のべ7700万人、海外での放送はのべ34カ国という、まさに国民的スーパーヒーローである。放送開始から25年経って、藤子先生が45巻を立ち上げた時の原点、「友情・努力・希望」といった大きな夢を包み込む世界をもう一度確認する、そして制作スタッフを一新し、永い未来に向かって「第二世代」に引き継いでいこうというのがリニューアルの意図である。また、HDの精細な画像で制作するなど時代にあった作業を行っていく。「どんどんプロジェクト」を立ち上げ、05年3月には第二世代に引き継いでいきたい。映画については06年春に公開する。制作スタッフは内定しているが、声優陣については未だ人選中である。
テレビ朝日定例社長会見要旨より)

ハイビジョンマスターになることに別に驚きはないが、地上波アナログ放送は、TBSの一部深夜アニメにみられるように、4:3にトリミングされた上で放送されるのか、それとも、同じくテレ朝のミュージックステーションのように、16:9のまま上下に黒帯を入れて放送されるのか、ちょっと気になった。、また、この記者会見の内容で一番引っかかったのは、『藤子先生が45巻を立ち上げた時の原点、「友情・努力・希望」といった大きな夢を包み込む世界をもう一度確認する』の部分である。一瞬、週刊少年ジャンプの「努力・友情・勝利」を連想してしまったが、原点が、友情・努力・希望なのかについては、特に努力の部分において首をかしげざるを得ない。そもそも、ドラえもんはかつて藤子・F・不二雄が自ら語ったようにあくまで生活ギャグ漫画なのだから、そんな大層な言葉とはちと違うのではないかと思ってしまった。これが、朝日新聞の記事だと、

 同局の早河洋常務は「これからの25年を見据え、原作者の藤子・F・不二雄さんがドラえもんに込めた『友情、努力、希望』というテーマを改めて見つめ直し、原点に返ることを関係各社で確認した」と説明した。

となり、多少ニュアンスが異なっている。本ブログで最初に声優交代問題について書いた際に、新ドラえもんについて『リニューアルをきっかけに、まったく新しい番組として原作漫画の持つドラえもんの本当の面白さを活かして、原点回帰してほしい』と書いたが、原点という言葉を使ったことについては、ちょっと嬉しかった。ただ、制作側は、その原点を根本的に勘違いしているというか、そもそもわかってない気がしてならない。

制作スタッフは内定しているとのことだが、テレビ朝日の公式サイトに掲載されたメッセージによると、メインスタッフについても交代するらしい。サブスタッフは入れ替わるのか、続投するのかは明らかになっていない。

これまで長い間番組を支えてくださったメイン制作スタッフ、声優の方々が次の世代の方たちに交代します。しかし「ドラえもん」という大切なキャラクターそのものが変わるわけではありません。番組は今後も変わらずに継続していきます。2005年4月からは、映像も進化し、原作の持つ魅力がさらに増した作品をご覧いただけます。
藤子プロ公式より)

制作側の言う「ドラえもんという大切なキャラクター」は、実は既に、のび太との関係が友人的から母親的に大きくわかってしまったわけだが、今後もこの路線で行くのだろうか。どうせ全て変えるのであれば、主題歌もアレンジではなく変えてほしい。使い捨ての曲ではなく、ドラえもんのうたと同じくらい永久的に歌い継がれるような名曲を。アーティストの宣伝目的で3ヶ月毎に変わるのは絶対にやめるべきである。

いずれにせよ、新ドラえもんに向けて、制作スタッフは原作漫画を徹底的に読んで、ドラえもんの原点とは何か、真剣に考えてほしい。欲を言えば、ドラえもんの原点が何であるかわかろうとするためには、SF短編をはじめとする他の藤子F作品も読むべきであると思う。SF短編を読んでからドラえもんを改めて読み直すと、以前とは全く違った視点でドラえもんという作品を読むことができ、新たな魅力を発見できたのだから。


(2004.12.2追記)
藤子不二雄atRANDOMの管理人であるよねさんが、ドラえもんの原点というか魅力を、わかりやすく具体化させて書かれておられたので、一部を紹介しておく。

 『ドラえもん』の本質的な魅力は、その作品自体の持つ「エンターテイメント性」にあると自分は思っています。日常生活ギャグをベースに、SFや夢や冒険などの非日常的要素が混ぜ加えられ、笑いも感動も驚きもがゴッタ煮になったエンターテイメント作品。それが藤子・F・不二雄の描いた『ドラえもん』だと思っています。友情や努力や希望は、『ドラえもん』でももちろん描かれています。しかし、それは『ドラえもん』の主題ではなく、あくまで『ドラえもん』を形作る要素の一側面でしかありません。
(全文はこちら


関連エントリ
ドラえもんのメインキャストがついに交代
ドラえもん声優交代問題:のび太のパパ役の交代時期

« カレイドスター: キッズステーションの すごい 再放送 | トップページ | 祝・ドラえもん生誕35周年 声優交代賛成派と反対派におけるドラえもんの認識の違い »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

テレ朝および朝日新聞の最初の報道時の「今春より協議」という嘘、各声優陣のコメントの捏造、そして「26年目に向けて」撮影した写真を、あたかも降板に際して撮ったものかのように使った卑劣ぶり。それに対する謝罪が行われていない以上、私は今回の件をとても幕引きにできないし、そんなことをするような人が関わる「ドラえもん」は、絶対にいいものにはならないと思う。
テレ朝の各番組で、先週の金曜日から声優の方々に対するインタビューの映像が流されていたが、どう見ても納得し切れているようには見えなかった。
そもそも、視聴率も二桁を維持し、映画の興行成績も悪くない今、何故こんな強引なやり方で「改悪」を断行しようとしているか、さっぱり理解できない。
「ぼく、ドラえもん」誌上で読者投票により決められた過去の映画ベスト1は、2003年公開作品である。決してパワーが落ちているわけではない。また、テレ朝系「これが日本のベスト」の投票により昨年決められた「好きな声優」ベスト1は、大山さんである。世間が現スタッフと現声優陣を支持しているのだ。
最近ドラえもんが唯一批判を浴びたのは、デジタル彩色になった時と、主題歌が東京プリンになった時である。どちらもテレ朝主導であった事は言うまでもない。
半年後ぐらいに、「もう一度やってくんねえかなあ」って、上層部が頭を抱えている姿が目に浮かぶ。

佐々山中裏本田 さんへ。

はじめまして。管理人のTOJHOでございます。

いきなりで恐縮ですが、佐々山中裏本田さんの書かれた内容はブログのコメント欄に書く内容では無い様に思えます。そもそも、誰に対して書いたのでしょうか。少なくとも私に対して書いた文にはどう見ても思えません。

上記のような内容をお書きになるのでしたら、ご自分のサイトにお書きになるか、大手藤子ファンサイトの掲示板で他の方々に対して問いかける感じで「ですます調」で書いた方がいい様に思えます。

ブログの性格を考慮の上、今後は気をつけて頂きたいと思います。


せっかく書いてくださったので、一応、レスをつけさせていただきます。

> そもそも、視聴率も二桁を維持し、映画の興行成績も悪くない今、何故こんな強引なやり方で「改悪」を断行しようとしているか、さっぱり理解できない。

声優の高齢化問題は避けられない事です。今後も半永久に続ける気であれば、いつかは通らなければならない問題です。その"いつか"が、今か未来かというだけの話です。

それに、正直な話、大山のぶ代という人物が、正当な理由で交代を打診しても、それをあっさりと簡単に受け入れるようには思えません。

だからといって、今回の問題でテレビ朝日の一連の行動には理解できない部分があるのもまた事実です。また、先週の金曜日に放映された声優インタビューは、放映の数時間前に収録したにもかかわらず、声優交代の件に一切触れていませんでした。キャスト5人にとっては複雑な心境だったと思われます。

>「ぼく、ドラえもん」誌上で読者投票により決められた過去の映画ベスト1は、2003年公開作品である。決してパワーが落ちているわけではない。

そのランキングの順位自体疑わしいです。大多数の人はそんなに昔の映画は記憶に残ってはいないでしょうから、過去と現在の作品を客観的に順位が付けられる人は少数派と思われます。従って、最近上映された映画に票が集まってしまうのは仕方がないことだと思われます。映画の質は、明らかに落ちていますし、映画館では、以前のように小学生の姿は見られなくなり、幼稚園児以下の子供と、その親がほとんどです。

> また、テレ朝系「これが日本のベスト」の投票により昨年決められた「好きな声優」ベスト1は、大山さんである。世間が現スタッフと現声優陣を支持しているのだ。

テレビ朝日を批判しておきながら、「これが日本のベスト」の順位を信じるのですね。テレビ朝日の番組である以上、局の看板番組であるドラえもんに最も関係のある大山のぶ代が1位に来るのは予想できることです。それに、ベスト1になったからと言って、世間が支持していると結論づけるのは強引に思えます。

また、「好きな声優」という質問自体、一般人の知っている声優なんて非常に限られてしまいます。「好き」でなくても、声優と聞いて名前の出る人と言ったら、一般メディアでの露出度も多い大山のぶ代になるでしょう。むしろ、あのランキングは「好きな声優」ではなく、「知っている声優」でしょうね。


(追記)
その後のサンデー毎日やアサヒ芸能のインタビューを読む限り、大山さんは以前からドラえもん役の引き際を考えていたことが明らかになりました。軽率な発言をしたことをお詫びいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/2114927

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん声優交代問題: テレビ朝日社長定例会見で公式発表:

» ドラえもん大幅リニューアル [へっぽこ大学生の日常]
テレ朝から公式発表が来ました。 スタッフも総入れ替えですか。確かにこれくらいやってくれたほうが、キャストだけ変えて、スタッフは今のままよりも受け入れやすいかな... [続きを読む]

» さよなら,僕らのドラえもん。。。 [TAKma☆'s Sky Vision+Words]
最近話題になったこのニュース。 私は大人になってから、めっきり見なくなってしまったアニメ、ドラえもん。 ですが、そのレギュラー声優さん達が降板するというのは、衝... [続きを読む]

» ドラえもん、スタッフも総入れ替え [流れにまかせるコト]
映像はハイビジョン化させるとのコト。 [続きを読む]

» ドラえもん、ハイビジョンに [大阪てきとー日記]
先日大騒ぎになった、ドラえもんの声優交代の件ですが、本日改めて発表されています。 [続きを読む]

» ドラえもん来春より声優交代(2) [パンポロリン!]
2005年ドラえもんニュープロジェクト始動!ってコトでドラえもんの声優およびスタッフの交代がテレビ朝日から正式発表されました。 この件に関しては以前のフライン... [続きを読む]

» ちょっと想定してなかった [LIL's commonplace days]
ドラえもん ニュープロジェクト始動!(dora-world) ドラえもん、スタッフも総入れ替え ハイビジョン映像に(asahi.com) 今回報道されていた... [続きを読む]

» アニメドラリニューアル正式発表 [はなバルーンblog]
 アニメ「ドラえもん」リニューアルの件について、テレビ朝日より公式発表があった。  やはり、声優だけでなくスタッフの入れかえも来たか。結局、テレビ朝日サイドも、... [続きを読む]

» 「ドラえもん」4月に一新 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
テレビ朝日より、「ドラえもん」の声優陣、監督などのメーンスタッフを来年4月から一新することが正式に発表されました。 (共同通信『「ドラえもん」4月に一新 テレ... [続きを読む]

» 新しい「ドラえもん」へ テレビ朝日正式発表 [でじたるな部屋]
asahi.comによるとテレビ朝日は11月30日、同局系列 で放映している人気アニメ「ドラえもん」の主役である 声優5名を交代すると正式に発表した模様です。 ... [続きを読む]

» えっ!?ドラえもん スタッフも総入れ替えなの? [みんなの日記帳 - あどみんさんの日記 - こうべっこどっとコム]
ドラえもん、スタッフも総入れ替え ハイビジョン映像に 【asahi.com】記事によると テレビ朝日は30日、同局系の人気アニメ「ドラえもん」を来年4月から大幅... [続きを読む]

» ドラえもん 交代の声優はオーディションで決定 [No.58 Alchemist's Room]
ドラえもん:交代の声優はオーディションで 声優が交代するとの話しを聞き、久しぶりにドラえもんを見た輩も多かろう(笑)。私もそのクチなんだが、驚いた時のエフェクト... [続きを読む]

» ドラえもん、スタッフも総入れ替え [BETTER DAYS]
とうとうドラえもんチャンネルやテレビ朝日 ドラえもんで 公式に発表されました。 声優さんだけでなく、メイン制作スタッフも変っちゃうんですね。 原点に帰... [続きを読む]

» ドラえもんリニューアル [ごった煮 〜シンドリャーのブログ〜]
声優交代発表時と同様、ドラえもんの完全リニューアルは、各サイトやブログでも賛否両論である。その中で特に印象に残った日記が「藤子不二雄atRANDAM」の管理人、... [続きを読む]

» 週刊誌より「ドラえもんの声大予想」 [「丸刈りのshinn」のがらくた部屋]
写真週刊誌「FLASH」12/14号の記事で、 『勝手に大予想!「ドラえもん」の声』 来年の春で「ドラえもん」の声優陣が一新するのが話題になりましたが、... [続きを読む]

» ドラえもん=大山のぶ代、ではない [tonetalk]
この前のエントリーで、ドラえもんの最初の声優は大山のぶ代さんではなかったのでは?という疑問に触れたとこ、早速コメントいただき、長年の疑問解けたのであった。 ドラ... [続きを読む]

» 『ドラえもん』キャスト交代に対する雑感 Part2 [トクサツ(?)な日常]
 新聞各紙の報道から一週間、ようやく正式発表になったようです。 ドラえもん、スタッフも総入れ替え ハイビジョン映像に - asahi.com : 文化芸能 ... [続きを読む]

» 郷愁 [週末音楽家のための]
 気付くのに遅れてしまっていたが、なんと初のトラックバックを頂いた。我が七重奏が「ドラえもんの声優交代」をネタに悪ふざけをしていた記事にである。  記事を読ま... [続きを読む]

« カレイドスター: キッズステーションの すごい 再放送 | トップページ | 祝・ドラえもん生誕35周年 声優交代賛成派と反対派におけるドラえもんの認識の違い »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter