フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ドラミがアニメに初登場した回もDVD化 | トップページ | ドラえもんは怠け者養成漫画なのか »

非常に不安なブラックジャックのED

先日、犬夜叉のOP/EDを集めたCDの一面広告を見かけたが、曲の切り替わりの早さと言い、関連性のなさといい、avex所属の歌手のベスト版のジャケットを高橋留美子が手がけているといった方が適切である。しかも、これが大多数の人間に受け入れられちゃっているんだから。avexは曲を使い捨てとしか思っていなくて、何十年以上にわたって歌い継がれるような曲を送り出す気なんて全くないと感じる。

んで、犬夜叉の後番組、ブラックジャックの歌手と主題歌が発表されたが、EDは大塚愛の「黒毛和牛上塩タン焼680円」だってさ。ブラックジャックについては高額な治療費を要求しながらも腕は確かという無免許の医者を描いた作品という最低限の知識しかないのだが、いくらなんでもEDのタイトルひどすぎ、まさか 和牛=人間 とたとえていることはないと思うが、ドラえもんのナマズといい勝負だな。新曲がたまたまブラックジャックのEDに使われることが決まっただけの話なのであろう。今、一生懸命マスコミ向けのこじつけのコメントを考えたりしてな。

歌の発注が来ると、原作を熟読し完全に自分のものにしてから創作に取りかかっていた故・岡崎律子のような人間はいないのか?

そんなavexの数少ない良心(?)だったのがヤミと帽子と本の旅人のOPとED。EDは主役を勤めた小林沙苗が歌ったが、注目されるのはOPの「瞳の中の迷宮」。avexはavex modeというアニメ専門レーベルを持っているが、OPに関してはavexレーベルで出された。OPは新人の嘉陽愛子のプロモーションとして使われたとはいえ、OPもEDも作品の世界観というかストーリーを作品名なしで歌いきった名曲である。正直、嘉陽愛子の歌唱力は発展途上の段階であったのは否めないが、CCCDでなければ、おそらく買っていたと思う。本日9月17日、avexは原則として全てCCCDとしていたのをアーティストの裁量に任せる方針に切り替えたが、もっと決断が早ければ、ヤミ帽のOPとEDはCDでリリースされていたのだろうか。

ちなみに、avexでもサクラ大戦関連についてはCCCDを一切採用せずCDを貫いている。ドリームキャストのようなゲーム機をCDプレーヤーとして使っている方に対して再生保証のないCCCDでリリースすることはできないという広井王子の方針だったかな。偉いぞ広井王子。

関連ブログ
史上最低のドラえもんのED誕生か
ドラえもんと辻希美と加護亜依とつんく♂と

« ドラミがアニメに初登場した回もDVD化 | トップページ | ドラえもんは怠け者養成漫画なのか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

最近のゴールデンアニメの主題歌はタイアップ曲ばかりで、正直うんざりしています。こういった状況を見ていると、岡崎律子さんのような方が亡くなられた事がつくづく惜しまれます。

ただ、大塚愛の曲は萌えアニメやエロゲーの主題歌だったら結構合うような気がするのですが、TOJHOさんはどう思うでしょうか?

>ただ、大塚愛の曲は萌えアニメやエロゲーの主題歌だったら結構合うような気がするのですが、TOJHOさんはどう思うでしょうか?

正直この人の曲はCMや歌番組や街中で流れている状態でしか聴いたことがないので、今ひとつよくわからないんですよね。

>正直この人の曲はCMや歌番組や街中で流れている状態でしか聴いたことがないので、今ひとつよくわからないんですよね。

そうですか。回答どうもありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/1460152

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に不安なブラックジャックのED:

« ドラミがアニメに初登場した回もDVD化 | トップページ | ドラえもんは怠け者養成漫画なのか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter