フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ぼくドラえもん10号 | トップページ | 2005年の映画ドラえもんは休止 »

A15&R15

A15&R15とは今年1月から6月までTVKとサンテレビで放送された3作品の総称のようなもの。連携した3作品を連続して放映する特殊な放映形態、放映翌日から一週間ネット配信の実施など、日経キャラクターズあたりで取り上げられていそうな作品でありながら、アニメ誌ですらあまり取り上げられていないのが不思議である。

前半15分をA15枠として全8話の新作アニメを放映、後半15分をR15枠と称して、A15枠で放映済みの作品を再放送するフォーマットを3回繰り返した。A15枠トップバッターの超変身コス∞プレイヤー放映時のR15枠は一昨年に放映されたりぜるまいんの傑作選が放送された。・・・とか書いていこうと思っていたら、ほぼ同様の内容が既にWikipediaに書かれていたので、詳しくはそちらを参照してください。

補足しておくと、A15枠ではOPは付かず、EDのみ。R15枠では逆にEDが付かずOPのみだった。従って、超変身コス∞プレイヤーのOPはR15枠での再放送時に初披露となった。もっとも、歌自体は公式サイトでテレビサイズを全て試聴できたため、正確には映像部が初披露なのであるが。だが、映像部で視聴者は衝撃を受けることになる。スタッフクレジットがヒットをねらえ!の登場人物になっているのだ。現在、公式サイトで第1話のみ無料配信中なので興味を持たれた方は是非見てみることをお薦めする。

ちなみに、m.o.eというのはポニーキャニオンのレーベル名であって、会社名ではない。ポニーキャニオンはフジサンケイグループであり、UHF局とはいえ、目玉マークが出てしまうのはまずかったからとか。

« ぼくドラえもん10号 | トップページ | 2005年の映画ドラえもんは休止 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/949526

この記事へのトラックバック一覧です: A15&R15:

« ぼくドラえもん10号 | トップページ | 2005年の映画ドラえもんは休止 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter