フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ふたりはプリキュア | トップページ | 続・秋葉原ヤマギワソフト館火災 »

次世代ワールドホビーフェア(3) バンダイのドラえもん・ザ・ロボット

第1回第2回と色々と書いてきたが、最後はドラえもん関連の展示物をまとめて掲載する。公式には展示コーナーの一覧も掲載されているので併せてご覧ください。


IMGP0128
ドラえもんステージイベント。クイズ大会他、ドラえもんと記念写真が撮れる撮影会も(要予約)


IMGP0143
ステージの壁には歴代映画のポスターが。ステージのモニタにはイベントが行われていないときに歴代映画の予告編を流していた。わざわざリルルが全裸になっている場面でシャッターを押しているのはここだけの話。


IMGP0133
抽選会脇の壁にも歴代映画のポスターを展示

一応、ステージイベントは人が多いし、隣のスロットマシンによる抽選会も盛り上がっている。しかし、通路反対側のコミック売り場には人が少ない。時折、子供が読みに来る事は読みに来るのだが、彼らが始めに手をつける本はたいていドラベースである。隣の物販コーナーはミルモを中心としたちゃお関係の本とかグッズが売られていたが、そちらの方が盛り上がっていて活気があった。斜め前が少年サンデー関係の物販コーナーだったので、そちらの方に設置した方がよかったかもしれない。少女漫画の隣では抵抗があったかも。


IMGP0142
ドラえもん関係のコミックス売り場

ステージの裏側ではバンダイのドラえもん・ザ・ロボットとドラえもんカーの展示が行われていた。ドラえもん・ザ・ロボットの詳しい機能はバンダイの公式を見ればわかると思うので、ここでは写真だけ載せておく。


IMGP0135
ドラえもん・ザ・ロボット(1)


IMGP0174
ドラえもん・ザ・ロボット(2)


IMGP0136
展示コーナーの壁にも大量に


IMGP0137
ドラえもんカー


IMGP0172
「ぼく、ドラえもん。」創刊PRコーナーには創刊号付録の展示も

会場で実際に見たドラえもん・ザ・ロボットについての印象を書いておく。来月発売されるドラえもん・ザ・ロボットは Version1.0 とのことであるが、はっきりいって、まだベータ版にも行かないアルファ版の状態であるのを無理矢理発売するような印象を受けた。対象となる購入者の層も今ひとつ飲み込めない。

ドラえもん・ザ・ロボットの値段は19,800円だそうだが、正直な話、この値段を出すくらいなら、ぼくドラえもんやてんとう虫コミックス全45巻の購入資金に回してほしいと思うのだが。そもそも、ドラえもん・ザ・ロボットをほしがる人はドラえもんグッズファンであって、ドラえもん漫画ファンとは違う部類というか価値観を持つ人なのだろうか。こういう書き方をすると、ドラえもんグッズを集めている人に対して偏見を持つような印象を持つかもしれないけど、そんな事はないです。そんな気持ちを本当に持っているのなら、ノーマッドぬいぐるみとかミルモのぬいぐるみを手元に置いたりなんかしないって(笑)。まあ、「原作厨うざい」と思った人は読み飛ばしてください。こんな一言で片づけられるなんて本当に便利な一言だよなあ。

ドラえもんグッズファンにとって、ドラえもんはミッキーマウスとかキティとかと同レベルで扱われていて、その中の一つとして、ドラえもんがある、そんな感じなのかよくわからない。オールナイト参加者の大半もそういう人たちである。せっかくドラえもんに興味を持っているのだから、漫画も読んでほしい。大人になってから読み返すと、子供の時には気づかなかった新しい視点で読む事が出来るのだから。

今回、初めて次世代ワールドホビーフェアに参加したが、思ったより低年齢層ばかりで立場が狭かった。また、今、子供達が夢中になっているものはよくわからないのだが、ロックマンとか名探偵コナンとか金色のガッシュベルとかクラッシュギアの方が勢いがあったのを見ると、おそらく人気があるのだろう。田宮模型のブースでは、ミニ四駆のようなものに人が群れていた。一定の周期でブームが訪れるんだな。


IMGP0198
会場中が人だらけ



帰り道も人だらけ

それにしても人だらけで疲れた。


と書き終えたところで、このニュース。芸能人を使えばスポーツ新聞に記事になって、その分だけただで宣伝できるからな。もう毎度の事なのでコメントする気も失せる。歴代ドラえもん映画における芸能人の声優起用で成功したのは宇宙小戦争でギルモア役をやった八名信夫くらいか。今回も期待薄。

« ふたりはプリキュア | トップページ | 続・秋葉原ヤマギワソフト館火災 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

藤子・ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんはー。うちのドラえもん記事にトラックバックどーもです!
こんな楽しげなイベントがあったんですね〜。写真も豊富で、楽しませて頂きましたv
ドラえもん・ザ・ロボットのターゲット層に関しては激しく同意。2010年までに本物のドラえもんを...ということですが、個人的には「ドラえもん」よりドラえもんの「ポッケの中身」が欲しいかも。

始めまして~、こんばんは。
うちのサイトにコメント&トラックバックいただきまして、ありがとうございます。
あの程度のロボット(もどき)に19800円出せる層ってのは、そんなに存在しないと思うんですがねぇ。。。
不思議な会社です。

時系列に逆らってTB頂いたみたいでありがとうございました。しかも造詣が深くていらっしゃって、恐縮です。

 初めてコメントします、『マサログのトビラ ver.1.00』のmasalog です。
トラックバックありがとうございました!

これからのドラえもんがどうなっていくのか、興味深いです。

初めまして。
トラックバックありがとうございました。
大変興味深く読ませて頂きました。
やはり奥が深いですね。
そして、まだまだ深くなりそうで。
でも、ドラえもんは、現在少なくなっている、
親と子の世代間の共通の話題に加わりますね。

トラックバックありがとうございました。
私はてんとう虫コミックス至上主義なのですが、ロボットも買ってしまいました。子供に刷り込んで子供もドラえもんファンにする予定です。

トラックバックありがとうございます。
ドラえもんはいつの時代も人気者ですね。
写真も豊富で楽しく拝見しました。

ロボット関連の記事を2題TBさせて頂きました。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/179136

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代ワールドホビーフェア(3) バンダイのドラえもん・ザ・ロボット:

» バンダイ「ドラえもん」ロボット発売へ [Ikagaitasimasyo?::MT]
バンダイ「ドラえもん」ロボット発売へ  玩具メーカーのバンダイは、会話も楽しめるアニメの人気キャラクター、「ドラえもん」のロボットを発売すると発表しました。  ... [続きを読む]

» ドラえもん遂に発売! [RoveNetBlog]
↑ スマソ送信元の記事間違った。。。 ほぇー そんな大会があったんだー [続きを読む]

» バンダイ「ドラえもん」ロボット発売へ [Chic or Wild?]
玩具メーカーのバンダイは、会話も楽しめるアニメの人気キャラクター、「ドラえもん」のロボットを発売すると発表しました。 バンダイが発表したドラえもんロボットは、... [続きを読む]

» ドラえもん新聞 [*pacu:]
昨日、この世の外へっていう映画を見に行ってきました。 オダギリジョーが好きです、哀川翔も好きです。 かっこいい人はみんな好きです、そうじゃない人もきっと好きだよ! [続きを読む]

» ドラえもん・ザ・ロボット [インターネット事業部]
2010年までに本物のドラえもんが誕生する? “ドラえもん”を開発することの難しさ 〓バンダイ 2010年までに本物のドラえもんを作る――。 バンダイが打ち上げ... [続きを読む]

» “ドラえもん”を開発することの難しさ 〜バンダイ [:::Freiheit:::]
こんなこといいな、が申し訳程度に実現、ですか。違うか、別に便利ではないもんなあ。 でも、こういう夢のある企画を何とかカタチにしようっていう発想は実に好もしいでは... [続きを読む]

» ドラえもんの開発は難しい [Mt.EGE]
【“ドラえもん”を開発することの難しさ 〜バンダイ 】 記事引用  ロボットを開発する上で、“ドラえもん”であることのメリットは大きい。一番の利点はやはり、知名... [続きを読む]

» 本物のドラえもんを目指して [裏編集後記]
 2002年にバンダイが発表した、2010年までに本物のドラえもんを作る計画「リアル・ドリーム・ドラえもん・プロジェクト(RDDP)」の最初の成果となる対話型ロ... [続きを読む]

» ドラえもーーん♪ [草紙]
“ドラえもん”を開発することの難しさ  2010年までに本物のドラえもんを作る――。バンダイが打ち上げた「リアル・ドリーム・ドラえもん・プロジェクト」の最... [続きを読む]

» すまし顔の、のび太を握ってお食事 [old school news]
近所のスーパーで「燕三条・洋食器祭り」なる催し物を見つけた。新潟の燕三条といえば、かつて盛んだった金属洋食器産業が、最近はすっかり衰退の一途をたどっているそう... [続きを読む]

» ■ロボットもアートの世界へ(2005.10.6) [アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―]
ひところ話題になった犬型ロボット。育て方?でいろんな性格を身に着けていくロボット [続きを読む]

» ■恐竜ロボットとミューゼアム(2005.11.14) [アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―]
筆者の住む東京八王子に近い羽村市。ここに恐竜ロボットの世界的トップメーカーが。 [続きを読む]

« ふたりはプリキュア | トップページ | 続・秋葉原ヤマギワソフト館火災 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter