フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東京キャラクタショー2003レポ | トップページ | コミックマーケット64 2日目 »

例の問題

8月最初の更新である。ここ半年とあるジャンルのサイトをにぎわしている例の問題について書こうと思う。

誰が最初に言い出したかは定かではないが「バカは死ななきゃ直らない」という言葉がある。その典型的な人間が、そのジャンルのサイトを中心に暴れている。自己中心的。誰が何と言っても全く反省しない。その人間の名は,そのジャンルのサイトをいくつか巡回するだけで嫌でも目にする。その人間の書き込みの次元の低さときたら、見るだけで腹が立つ。閲覧者に与える不快感が絶大である。

仮に、今から新規にそのサイトを立ち上げたとして、掲示板を設置したとする。そして内容はともかく例の人間が書き込んだとする。その際の扱いについてどうすればいいのか。本音としては、無視するかアクセス禁止にするかの二者択一である。率直に言ってしまうと、来て欲しくない。来るだけ迷惑である。だから関わりたくない。その時、どういう対応をとるかで、そのサイトの管理人の管理する立場の人間としての適正がわかるであろう。

いつの日かそのジャンルのサイトを立ち上げたいという野望は今もある。でも、現実問題として今の自分にはサイトを立ち上げて管理する時間的余裕も精神的余裕もない。また、仮にあったとしても、上に書いた理由から、あの問題が終結するまでそのジャンルのサイトを作る気はしないであろう。あの問題の終結、それは、あの人間がネット上から消える日以外に考えられない。あの人間の頭の中に「反省」の二文字はないことが十分にわかった。もうこの問題が始まって半年である。

ここまで来ると、あの人間の育った環境に問題があるとしか思えない。親の顔も見てみたいわい。どういう育て方をすればあんな人間ができるわけ?今はまだいいよ。でも、このままの状態が続くと、いつの日か想像も取り返しのつかないとんでもない事態が起こる気がしてならない。

« 東京キャラクタショー2003レポ | トップページ | コミックマーケット64 2日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1430/11292860

この記事へのトラックバック一覧です: 例の問題:

« 東京キャラクタショー2003レポ | トップページ | コミックマーケット64 2日目 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter