フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2003年3月 | トップページ | 2003年5月 »

2003年4月

ぴたテン7巻購入

この作品の存在自体は1巻が出たときから知っていた。アニメが始まってそれがきっかけで原作を読むまでは、デ・ジ・キャラットのキャラデザの人が描いたよくあるその手の漫画と思って、全く興味がわかなかった。しかし、昨年4月、GAZの後番組としてアニメが始まり、ふとしたきっかけで原作漫画を買って読んでみたらびっくり。なかなかいいではありませんか。

確かに、一部電波入っているキャラがいたり、コゲどんぼの絵には時々荒さが目立つ所があるのも事実だ。しかしながら、そのマイナス点を帳消しにするくらい、ストーリーには魅力を感じる。本作は性格の明るいキャラが多いが、ストーリーは暗い。本当に暗い。表面的には明るく振る舞うものの内面では苦しむキャラが多いだけに、よけいにストーリーの暗さが引き立つ。そして、ついに8巻では・・・。

アニメから入った人間が言うのもなんだが、誠に残念ながら、本作はアニメの出来があまりにもひどかったため、原作漫画の良さを知る人が少ない。アニメは放映時間が日曜午前中であったことを考慮してか、一転して明るいタッチで描かれた。また、原作コゲどんぼであり制作ブロッコリーである以上、声優とのタイアップや、フィギュアといったDVDの特典が重要視された。そして、見事に失敗した。自分もあまりのつまらなさに途中で見るのをやめたくらいである。よってアニメがどのような最終回を迎えたのかは知らない。

唯一、アニメで評価できるのが、キャスティング。メインキャラ二人が田村ゆかりと沢城みゆきであることからもわかるように、スポンサーの意向が強く反映されていることは否定できないけど、この二人以外には考えられない。特に、湖太郎を演じた沢城みゆきは男の子役もこなせるということには驚かされた。

原作漫画はもうすぐ最終回を迎え、単行本も次の8巻が最終巻となる。原作が完結した暁には、是非、あのアニメはなかったことにして、原作準拠で改めてアニメを作り直してほしい。監督は、「こどものおもちゃ」や「フルーツバスケット」など、この手の作品で実績のある大地丙太郎希望。

何はともあれ、アニメのせいで本作に対して悪いイメージしか持っていない人は、ぜひ原作漫画を読んでいただきたい。

アニメ店長(アニメイト)VSでじこ(ゲーマーズ)

文化放送の超機動アニゲマスターでやってしまった世紀の対決!実際の放送では途中から

兄沢命斗、デ・ジ・キャラット VS 星井ラミカ、うさだヒカル

の主役VS脇役に変わってしまい、17分49秒、でじこの必殺技目からビームが炸裂し、兄沢・でじこペアが勝利した。個人的には自虐的なネタを披露してくれたアニメ店長の勝ちかな。

ネタの一部を紹介すると、

・アニメイトがゲーマーズに吸収合併し、アニメイトゲーマーズ誕生。
・アニメイトに対する不満のFAXが1通来るたびにアニメイトが一店ずつ閉店。(現在全国に66店舗らしい)
・アニメイト売れ残りの品をゲーマーズに横流し。

と、こんな具合で、関智一暴走しまくり。真田アサミ完全に置いてけぼりにされる。ま、ゲーマーズもお店が閉店するとまずくなるGGFの話をしたりと自虐的なネタがなかったわけではない。閉店となる本店一号館のルビーは今後どうなるんだよ?

それにしても氷上恭子と長澤美樹がCDを出していて、しかもアニメイトに在庫が山積みになっているとは知らなかったよ。

氷上恭子絡みのユニットはFURIL(ウェディングピーチ)、D・U・P(デ・ジ・キャラット)、シフォンと痛いのばっかし。

昨日の秋葉原

アベトンボと待ち合わせして昼食を食べた後、スペシャルゲスト、T村氏も合流。当初の予定ではアベトンボは行ったことがあるというCURE MAID CAFEに本人の意志とは無関係に強制連行して一服するはずだったが、T村氏自らメイド喫茶に行きたいと言い出したので、すぐに直行。しかし混んでいたので、結局、Mai:lishへ。

色々話し込んだが、内容については省略。

その後、ゲーマーズ本店にて、ちょうどGAA第2話が流れていたので、GAを知らないT村氏にGAの魅力を散々語った結果、興味を持ってくれた。洗脳30%くらい成功。

アベトンボとT村氏は別の用事があったのでここで別れたが、その後、個人的に今日来た目的の物を買いあさった。


本日のアキバ的お買い物
・1.6GB IDE HDD (ジャンク)
PC-9821Ap3内蔵HDDの交換用。FreeBSD 入れていじくる予定。

先月から今月にかけてのネタ色々

ドラえもんオールナイト翌日のオフ会の事とか、福岡に帰省して福岡ドームに行ったら閉まっていて入れなかったとか、福岡タワーにのぼって展望レストランで食べたケーキが旨かったとか、翌日は天神の一風堂大名本店に30分並んでラーメンを食べたとか、筑後川温泉に連れて行ってもらって星空の下で露天風呂に入ったとか、サッポロビール九州工場を見学したとか、以前チラっと書いたけど秋葉原で内蔵用バルクHDDを買ったものの、自宅についてから取り付けネジが別売りという事に気付き見事に買い忘れた事に気付いた(核爆)とか色々あったわけだが、全て詳細は割愛させていただく。

今年はまだGに負けていません

2戦目、3戦目は初戦の引き分けがあったからこそと思いませう。

・・・死のロードが終わるまで信用できないのが本音。伊良部は夏以降バテないか不安だし、片岡はまだ信用できないし、今のところ怪我人がいないし、ということで。

今年は久しぶりに球場に足を運んでみようかな。

しかしだなあ、12日のブロードキャスター、巨人が負けたとはいえ、いくらなんでもその日のプロ野球はボードに書かれた結果を見せただけというのはひどいんじゃないのか?松井には5分以上割いていたくせに。

おすすめアニメの反対2003春

でじこは掲示板に書いたので割愛するが、他にネタで見た番組があるので紹介しておこう。

マーメイドメロディぴちぴちピッチ
流行ったんだか流行ってないんだか今ひとつ不明な東京ミュウミュウの後番組。なぜこんな番組を見たのかというと、ミュウミュウ最終回後に流れた新番組予告の主人公役の人のあまりにもやる気のない演技が目に付いたから。で、見てみたわけだが、想像以上であった。第一期GA第1話の新谷良子の方が断然マシである。さらにタイトルもストーリーもアレだし。公式ページのものがたりをみてもらうとわかるが、

海斗にほのかな恋心を抱くるちあは、真珠の力で変身し、マイクを片手に歌って踊って水妖たちをやっつける!

どのような歌が流れたかはご想像にお任せします。・・・たとえるなら2000年の巨人東京ドーム開幕戦における中居正広の君が代、そしてジャイアン!

重要なのは、この番組は毎週放送される番組であり、毎週あの歌も(おそらく)流れるということだ。マクロスの飯島真理は演技がアレでも歌唱力は抜群だったからな。ああ恐ろしや。

いうわけで、早くも継続視聴番組0が決定。毎週欠かさず見る番組がついに一本もなくなってしまった。

生と死の明暗

鉄道車両の寿命はだいたい20年から30年らしい。しかし、踏切事故など不慮の事故に巻き込まれ、製造後まもなく廃車となった車両も少なくない。今回は趣向を変えてそんなお話。

不幸な例:
・JR九州キハ200
キハ200-1007 は1993年の「8.6水害」の際、土砂崩れに巻き込まれ、製造後1年あまりで廃車。この事故はプロジェクトXでも取り上げられた。

キハ200-1011 は、つい先日踏切事故に巻き込まれ、ダイヤの早期復旧のため、ショベルカーで線路下の崖に落とされてしまった。詳しくはこちら


幸運な例:
・JR東日本209系南武線用
首都圏在住者以外の方に説明しておくと、南武線は神奈川県の川崎と東京都の立川を結ぶ路線である。最近は新型車両投入によって山手線を追い出された205系が移ってきているが、京浜東北線でおなじみの209系も2編成ながら走っている。しかし、2003年1月13日、その2編成のうちの1編成が、踏切事故に巻き込まれてしまった。しかし、被害が軽度だったためか、3ヶ月のブランクを経て復活した模様。詳しくは、こちらのHPを参照されたし。

新年度早々・・・

身も心もぼろぼろになった昨年度から気分を一新してスタートするはずであった。

しかし。

4/1(火)
朝から食欲もわかず、気分も悪くなり午前中嘔吐する。しかもひどい下痢。しかし、大学でどうしても休めない用事があったため無理して出かけ、用事を済ませてさっさと帰宅。すぐさま病院直行、そして点滴。帰宅後、少し快方に向かったかと思ったが、今度は熱が出はじめ、激しい腹痛に襲われる。結局、ほとんど眠れず。

4/2(水)
朝起きたら腹痛は治まっていたが、食欲はわかない。大学に行く気力もなく泣く泣く欠席。

4/3(木)
大学院の入学式の日だが、もちろん欠席。結局丸3日間寝込む。

4/4(金)
ガイダンスと健康診断があるので、休むわけにはいかず、大学に行く。用事を済ませた後、さっさと帰らせてもらった。

現在、相変わらず食欲が戻りません。風邪なのか食あたりなのか原因不明。こんな事でこれからやっていけるのかね?波瀾万丈の船出である。

« 2003年3月 | トップページ | 2003年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter