フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2003年1月 | トップページ | 2003年3月 »

2003年2月

サクラ大戦 熱き血潮に (2)

パッケージ裏面を見ると片面二層ディスクであることがわかった。そのせいか、公式BBSとかのぞいてみると初期型のSCPH-15000、18000では読み込めないトラブルが多発しているらしく、さすがSONYと思った。

しかし・・・、なぜOPアニメの最後は宇宙なんだろう?

ケイタイクラブで得たパスワードを本編に打ち込んでみて、「パスワードが違います」と出る。思わずドラクエ2を思い出したよ。

サクラ大戦 熱き血潮に 到着!

セガのソフトをPS2でプレイする日が来てしまった。やはり妙な感じである。例によってクリアするのはいつになる事やら。

J-SKYのサクラ大戦ケイタイクラブにもさっそく入会しております。

初回プレス同梱DVDの プロジェクトS はなかなかいい感じである。

親知らずを抜いた

痛みがひどくなったのは1月上旬。しかしながら卒論の追い込みのため歯医者に行く時間などあるはずもなく、痛み止め服用でなんとか乗り切った。そして歯医者に診せたら、虫歯が完全に歯の中に到達しており、削っても土台しか残らないので抜いた方がいいと言われた。そして、結局、抜いた。出血がしばらく止まらなかった。

現在、痛みはないけど妙な感じである。

少々古い話題。

・快速ムーンライトえちごにレディースカー登場!
現在使われている急行型車両165系が老朽化したので特急型485系に置き換えられ、レディースカーとグリーン車も連結される事になった。一般人が見る限りサービスアップに思える。だが、165系の座席は元はボックスシートなのだが、ムーンライトは夜行ということで、普通車でありながら座席は廃車になった特急型車両のグリーン車の座席に取り替えてあったのだ。置き換えられる485系の座席はそのまま使うらしい。つまり、車両のランクは上がっても、座席のランクはグリーン車から普通車に下がることになるわけである。これまでと同じ座席に座りたければグリーン料金を払えということらしい。それにしても新宿駅のムーンライト入線放送は笑える。

DivX 5.0.3 のロゴの消し方

DivXが 5.0.3 になってから、再生開始直後にDivXロゴが右下に出るようになり、邪魔だと思っていた。ところが、たまたま立ち読みした宝島社のウルトラONEにロゴを消すやり方がなぜか書いてあった。

スタートメニューに登録された "DivX" から "Decoder Configration" を呼び出し、"Quality Settings" タブにある "Disable Logo" にチェックを入れる。これでロゴは消えます。上記の理由で 5.0.2 を使い続けている方はお試しあれ。

それにしても、500MHz でDivX再生はかなり苦しいらしい。映像と音声がだんだんずれてくるし、時々コマ落ちするし。今年中にP4マシンを1台作りたいね。それと、小3の頃から録画してきたドラSPのデジタル化にも乗り出さないと、VHSテープが何年持つのか不安になってきた。

時代はMP3でしょ。(意味不明)

松下のポータブルCDプレーヤCT800を購入。選んだポイントは MP3 再生可能ということ。加えてWMA も再生可能。クリエイティブのNOMADとかアップルのiPodのような携帯MP3プレーヤが流行りつつある今日この頃であるが、メモリカードタイプだと高いし容量が少ないし、HDDタイプだと吹っ飛びそうで持ち出すのが怖い。

しかし、このCT800の場合、一枚数十円のCD-Rに150~200曲は入るし、英語のみだがID3タグにも対応してるし、何よりマグネシウム製なので衝撃にも強い。値段も一番安いモデルで数万円するiPodに比べてヤマダ電機にてポイント値引きした結果、約13000円で購入できた。外見もなかなかいいね。

いやー実にいい買い物でした。

続・江川達也

江川達也の発言に対するFFMLの常連者の方々の対応は実にあっけらかんとしていた。

「エスパー魔美」における魔美のパパの発言に、

「公表された作品については、みる人ぜんぶが自由に批評する権利をもつ。」
「どんなにこきおろされても、さまたげることはできないんだ。」
「剣鋭介に批評の権利があれば、ぼくにだっておこる権利がある!!」
「あいつはけなした! ぼくはおこった! それでこの一件はおしまい!!」

というのがある。この考えに共鳴して、けなされたから怒った。それでおしまい。というものだ。だけど、藤子ファンはもっと堂々と表向けに抗議すべきだと思う。わかろうと努力しない輩には何を話しても無駄というのは江川達也本人であって、サイゾーに書かれた文を読んで江川本人に同調してしまった輩の中にはF氏のあの文を見せることによって考え方が変わる人もでてくるかもしれないだろう。また、「エスパー魔美」において魔美のパパは有名な画家ではない。これが有名な画家だったとすると、世間からはなんらかの反論を求められるだろう。そういう場が与えられたとき、感情的になって反論するのもマイナスだが、世間に対して何も言わないのも同じくらいのマイナスだ。反論できずに何も言えないことと何も言わずに軽く受け流してしまうことは、外から見れば同じようにしか見えない。後者の対応をする方が適切な場合もあるが、今回の場合は藤子ファンが取るべき行動として適切とは思わない。「ドラえもん」はマニアックな漫画ではない。今の世の中、なんらかのアピールを面向けにしないと、言ったものの方が勝ちになってしまうのだ。何もしないでいると、相手の言い分を認めてしまったとみられるのが世間の一般的な常識ではないのか?江川達也の最近の漫画家としての活動はさっぱりみたいで。でも、その事が既知の事実として浸透しているのは漫画マニアの間だけなのだ。何も知らない多くの一般人からみれば、江川達也を「東京大学物語」の、とか、「豪邸を持っている」とか、「元中学教師」とか、なぜか説得力のある肩書きだけを見て、この人はすごい人なんだと好意的な目で彼の発言をとらえてしまうと思う。ドラマでしか見ていない人には「東京大学物語」の原作が夢オチで終わったなんてもちろん知らないだろうし、稲垣吾郎が出ていた人気ドラマとしてのイメージしか残っていない。

だから、テレビは恐ろしい。世間に一般的に浸透しているイメージは漫画よりテレビの方が圧倒的に強いのだ。今回はサイゾーという初めて耳にするようなマニアックな雑誌だったから良かったけど、これがテレビだったらどうなる?それでも藤子ファンは「大人の対応」と称して受け流すのか?

じゃあ具体的に何をすべきか?江川達也は藤子作品をどの程度読んでいるのか質問状を出すとか、F氏が生前書いたあの文をもっと公に出すとかやり方はあるだろう。ていうか、はっきりいって、ここでFファンが反論意見として「そんなことないよ。ドラえもんには夢があるよ。」みたいな事を述べたところで、ほとんど無意味に思える。そういう反論意見が出ると、江川はますます粋がるだろう。だいたい、ドラえもんの最大の魅力は「ポケットから取り出す道具に夢がある」なのか?確かに、ドラえもんの魅力の一つであることに違いはないけど、最大ではないだろう。そもそも、それが最大の魅力だとしたら、そんな毒気のない平和漫画に20過ぎの人間は惚れ込んだりしないって。自分がこの年になってもドラファンを続けられるのは、変ドラページ「なんだこりゃ」にうまく書かれているけど、のび太の群を抜いたアホさとかポンコツロボットドラえもんの人間くささとか、生活ギャグの部分が好きだからだ。意外に思うかもしれないが、子供の頃から「こんな道具があったらいいな」とか「ドラえもんがいたらいいな」とか思った記憶がない。「夢たしかめ機」なら作れるなとか思ったことはあるが。夢のない子供ですまんねぇ・・・。

いずれにせよ、ドラえもんに対してこのような意見が後を絶たないのは、このような問題がある度にファンは受け流しで済ませてきた面もあることも一理あると思う。だから、もっと怒れよ藤子ファン。

以上のような投稿をどこかにしたとして、「あなたはあの場面でF氏が書いたことを理解していない」なんてレスを返す人がいたならば・・・世の中、そんなに理想通り行くほど甘くないよ。

キャスティング発表!

ドラSP見た。パー子=増山江威子がかなりきつそうだった。近年のルパン三世SPでも苦しそうだったからなあ・・・。現在のドラにおける大山のぶ代や「男はつらいよ」における渥美清も当てはまるけど、老体に鞭打ってまで無理して演じてほしくない気持ちが強くなってきている。

一方、大山のぶ代以外の4人は声がほとんど変わらず。パーマン役の三輪勝恵は1968年以来ちっともかわらず。これはこれですごすぎる。

そして、問題のキャスト一覧。フー子がノーマッド。親子2代で藤子作品に出るというのもすごすぎる。さらに、かないみかの実の夫である山寺宏一は実写版キテレツに出てた。あと気になったのはテムジンのママ役の山口奈々。サリーのママにしてキン肉マンのママである。最近は音沙汰なかったがまだ健在のようだ。他によけいなのが3名ほど混ざっているが、ノーコメント。

パーマンで気になったのは、魔土災炎が池田秀一。シャアかよ。

江川達也

なにかサイゾーとかいう雑誌で古典的なドラ批判をやらかしたみたいですな。最近は漫画家としての活動より、豪邸をネタにしたテレビ出演が目立つ気もするが、こんな人間を起用したがるメディアもよくわからん。このような意見が過去から現在まで後を絶たないのも、原作の良さを知る人が積極的な反論や主張をあまりしないからとか思っていたりして。とりあえずF氏が過去に書いたドラえもんは一種の実験まんが……でも読ませてやりたい。こういうときこそ年配藤子ファンは立ち上がるべきと言ってみるテスト。

自分はと言うと、江川が文中で述べてる「依存心の強いダメ人間」というのがまさに現実世界での自分そのものであり、公の場で反論したところで説得力ゼロなので、公の場で堂々と反論できるような立派な一人前の大人になろうと改めて決意したのであった。

この件についてはいずれ詳しく書くと思うが今日はここまで。

GAA#39&#40

第39話:ノーマッドが「どうでもいい話ですが、ハリー大佐(※CV:山寺宏一)、実は結婚しているらしいですよ。」と言った直後に「妻はあんただろ」とツッコんでしまった。オチが声優オチでなくてある意味安心した。声優オチは第2期第16話におけるマンボウモドキ=井上喜久子でやってるし。

知らない人がいるかもしれないので念のため書いておくけど、ヴァニラ&ノーマッド役のかないみかは山寺宏一の妻である。ちなみにかないの母は白黒オバQで正ちゃんを演じた田上和枝である。

第40話:第1期と第2期の監督だった浅香守生が復帰。でもパトリック・ジョナサン・ガストの立て看板以外は見所がなかった。"Make us apper(←正しくはappear)"が泣かせる・・・。出番をくれ!

ところで今月のアニメージュみたら、放送予定欄の絵コンテが全て未定になってたぞ。制作大丈夫か?

今頃

プレステ2版がもうすぐ発売だというのに、ドリキャス版サクラ大戦をやっとクリア。終盤でいきながらほったらかしにして3とか4を先にやってた。

思えば、全く買う気がなく見向きもしなかったのに、製造中止が決定され価格が9900円に改訂されたため半分ネタで買ったドリキャス本体。4ヶ月後にはなぜかサクラ大戦1から3までが手元に揃ってた・・・。

いろいろ

●テント生活の女高生ら、ホームレス殺害容疑で逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/04/20030211i314.htm

この記事を見てフルーツバスケットじゃねーかと思った人間がここにも一人。

●J-SKY版サクラ大戦ケイタイクラブは独自機能も!
http://www.zdnet.co.jp/gamespot/gsnews/0302/12/news14.html

プレステ2版との連動は当初iモードのみと思われたが、めでたくJ-SKYでもサービススタート。しかし携帯電話を持っていないと完全に楽しめないというのは何とも。

●ゆず、声優初挑戦!
もういちいち批判する気も失せた。批判とか非難があるうちはまだ見捨てられていないということ。それすらもなくなって完全に無視されるようになったら、もう終わり。それが今のアニメドラとテレビ朝日。所詮、興行収入のことしか頭にないから。子供の記憶に残るとかはどうでもいいことだろう。20年後、今の子供が大人になったとき、例えば「のび太の恐竜」とか「鉄人兵団」みたいに"語られる作品"として残るだろうか?

●テレ朝がシンエイ動画の株を習得
http://www.dljdirect-sfg.co.jp/DLJJapan/CompDisc/V_DBK_CompDisc_20021122/20021122_0/940902.html

吉と出るか凶と出るか。

昨日のおまけ

山手線利用者&その筋の人にはご存じの通り、山手線は現在205系からE231系への置き換えが進んでいる。E231系のドア上には2台の液晶モニタがあり、右側のモニタには乗り換え案内、遅延情報などが表示される。左側のモニタにはCMやニュースなどが表示されるのだが、先日乗った際に、このモニタに衝撃の映像が流れていた。同じように思った人は多かったらしく、動画がアップされてたのでリンクを張っておく。


http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~yasuda/img/wmv/train/yamate_pia3.wmv

・・・浮いていたよ。自分が乗車したのが6扉車じゃなくてよかった。

ネタでしか行かないお店

前回からの続き

Cafe Mai:lishに入った我々は紅茶とメロンフロートを注文した。気のせいか、前回来店時より味がまともになっている。なお、我々二人にはメイド属性はないので特に気にすることもなく過ごした。

その後、夕食を万世で食べたあと、Neccaというインターネットカフェでスタジオミストとしての長年の夢を実現するための第一歩を記したのだった。この件についての詳細はまたの機会に。

余談。我々が入店したこNeccaという店。女性店員はなぜかメイド服を着ていた。さすがアキバ。個人的にはCafe Mai:lishよりマシに見えた。翌日、「電車でGO! プロフェッショナル2」発売記念最強運転士決定戦がこの場所で行われていた。びっくり。

とりあえず日記再開。

卒論発表翌日。今日は完全休養日にしました。で、アベトンボCEOと例によって秋葉原で待ち合わせ。二人とも昼食を食べていなかったので、まず向かった場所は、

GAカフェ。

そう、ゲーマーズ秋葉原本店1号館7階にあるこの店を知らずにGAファンを名乗れるか!というほどの超有名なお店(大嘘)。なお、我々二人はメニューを事前に全く調べずに行った。さらに、店内にもメニューの写真等が出ていなかったので、ネーミングの勢いで、CEOはエルシオール定食、私はノーマッド・ランチの食券を自販機で購入してからカウンターのミルフィーユのコスプレをしたウェイトレスに渡した。・・・食券かよ。あとからWebで調べたら、ファンサイトにしっかり出ていた。メニュー一覧はここを参照してもらいたい。)

待つこと数分・・・。ノーマッドランチが先に運ばれてきた。

どう見てもそこら辺のスーパーで売っているような冷凍のナポリタンスパゲッティにケチャップで大きく

と書いてあった。なるほど、だからノーマッド・ランチなわけだ。実に素晴らしい。ヴァニラさんに座布団一枚あげたいくらいだ(-_-;)。ほかにポタージュスープとドリンク(いくつか選択可能)がついて、お値段なんと800円。


機内食みたいで実に素晴らしかった(T_T)。ちなみにCEOが食べたエルシオール定食に関してはご本人の日記を見てください。今回は、あくまでネタで行った。もちろん、二度と行くことはないだろう。恐るべし、ブロッコリー。万が一、行きたいなぁーと思った方は、ここが参考になります。

次に喫茶店でしばらく話をしようということになった。向かったのは、Cafe Mai:lish。そう、Mary's から名前が変わったんだけどどこが変わったのかわからない例のコスプレ喫茶店である。と書いたところで、続きはまた今度。

« 2003年1月 | トップページ | 2003年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter